英辞郎にない英語日記

ブータン: 国民総幸福量 2010/03/14 10:15

はてなブックマークに追加

旅日記


ほかの人の日記で、ブータンのことがふれられていて、こんなレポートを思い出した。

グローバリゼーションに乗っかって、経済利益を追求するより、みんな貧乏だけど心は幸せという道を選んだブータン王国。

服も、民族服を着ることをあえて選んで、ブータンならではの独自路線を貫くことで、生き残りを図っているなど、ユニークな政策が可能なのは王政だからだろうなあ。 

ただ、名君って往々にして晩年は老害となって失政しがちなので、ブータンの国王65才定年制というのは、いいなと思った。

でも、この政策の概念はちょっと難しすぎるので、テレビや教育が普及していくと、国民の支持を得るのが、どんどん難しくなっていくだろうなあ…。

どーでもいいけど、ブータンと言っていちばん有名なのは、やっぱり2008年に即位したイケメン新王だよにゃ。


ブラボー(4

コメント (6)

Lau
Lau
2010/03/14 10:23
ブータン、行ってみたいです。
確かに王様格好いいですね。
あづさ
あづさ
2010/03/14 12:06
GNHを考えた国王は自ら退位したと書いてあったので、王政がなくなったのかと思っていました。単に位を譲っただけなのですね。前国王も即位したころはイケメンだったように記憶しています。

ビデオみました。興味深い映像ですね。
妻が4人と言うのは、どんな宗教?? 北朝鮮の人たちも、最善の場合、ブータンの人たちのようにつましくとも心豊かに暮らせる可能性があったのでしょうけれど、中国とインドにはさまれたブータンとどこが違ったために、現在の苦悩があるのでしょう。
ひばり組親分かっぱ
ひばり組親分かっぱ
2010/03/14 16:06
なんの番組だか忘れましたが、イケメン国王って紹介されていたのを思い出しました。
確かにいろんな情報が入ってきてしまうと、こういった体制を維持するのは難しいだろうけど、新しい国家のあり方として頑張ってもらいたいものです。
長靴ねこ
長靴ねこ
2010/03/14 17:05
コメさんきゅーですにゃ(=´ ェ `=)ノ

うんうん。ここに写真があるけど、先代と先々代もなかなかイケメンです。
http://bhutan2008.blogspot.com/2007/04/kings-of-bhutan.html

やっぱ、あんまり資源も無く、米ソにとって戦略的拠点でもないってのが、幸いしたんですかねえ…。
この路線は継承してほしいけど、どうなるかにゃあ。
ckck
ckck
2010/03/14 20:47
小学1年生のひと言が長靴ねこさんの日記にまで広がり・・・(微笑)
ブータンってそういう国なんですね~。
長靴ねこ
長靴ねこ
2010/03/15 05:42
ckckさん、題材もらっちゃってごめんねーヽ(=; ェ ;=)ノ

あの小学生の子は、何を見てブータンと言ったんでしょうね?
コメントを書く