英辞郎にない英語日記

outreach (アウトリーチ) 2010/05/04 16:15

はてなブックマークに追加

英語


お役所言葉。

学者さんやお医者さんなど、ふだん象牙の塔にこもっているような人たちが、地域の活動や一般人参加のイベントなどに自分から出向いていって、市民と直接ケンケンガクガクと会話したり、皆でワイワイ協力してひとつのことを行ったりすることで、専門知識を皆に広めたり、社会のニーズを皮膚感覚で理解したりする活動のこと。

 

それはいーけどさ。

以下は、その象牙の塔の住人によるアウトリーチの説明。ちと長いですが、そのまま引用します。

アウトリーチの説明 by 文部科学省
アウトリーチとは,リーチ・アウト(reach out)という言葉が名詞化された言葉であり,もともとの意味は「手を伸ばす,差し伸べる」などである。欧米では普通に使われている言葉であり,アウトリーチ活動は,科学技術に限らず,芸術,医療,福祉などの分野でよく行われている。
特に,科学者等のアウトリーチ活動と言った場合,「研究所・科学館・博物館の外に出て行う単なる出張サービス的な活動ではなく,科学者等のグループの外にいる国民に影響を与える,国民の心を動かす活動」であると認識することが重要である。ただ単に知識や情報を国民に発信するというのではなく,国民との双方向的な対話を通じて,科学者等は国民のニーズを共有するとともに,科学技術に対する国民の疑問や不安を認識する必要がある。一方,このような活動を通じて,国民は科学者等の夢や希望に共感することができる。こうして科学者等と国民が互いに対話しながら信頼を醸成していくことが,アウトリーチ活動の意義であると考えられる。

``r(=・ ェ ・;=) こんな変な日本語しか使えない人が、一般人と会話できるんかいな。さすがに、これでは分からないと思った人もいたらしく…

上記の文部科学省の説明に、東京大学が付け加えたフォロー
具体的活動としては、出張講義(出前授業)、研究体験、サイエンスカフェ、オープンキャンパスなどの研究者と一般市民が直接対話を行うイベントが挙げられます。

2way communicationへの道のりは長い…


ブラボー(5

コメント (6)

ぴーなっつ
ぴーなっつ
2010/05/04 21:32
「科学者等」と「国民」という呼び分け方に違和感を覚えます。まるで科学者は国民の上に立つ偉大な存在と位置づけてる感じで気持ち悪い。
私が所属してるATA(American Translators Association)でも翻訳者のアウトリーチ活動を推奨してますが、この場合は、翻訳者が主に学校に出向いていって子どもたちに外国語を学ぶことの大切さや面白さを伝えたり、翻訳という仕事を紹介する活動を指します。
なんか、言葉ひとつとってもお国柄の違いが出てる気がしますね。
長靴ねこ
長靴ねこ
2010/05/05 05:52
コメとブラボーさんきゅです(=´ ェ `=)ノ

んー、これはお国柄っつーより、お役人や学者さんと一般人との温度差の違いじゃないかにゃー。
outreachなんて一般的な英単語を「アウトリーチ」ってお役所言葉にして、話をややこしくするんじゃにゃいよって、ねこは言いたいのにゃ。

どこの国でも、世間から隔絶したお方たちって、変なjargon使うし、変な選民意識あるよね。
mmmm(MARI) (真理)
mmmm(MARI) (真理)
2010/05/05 09:08
ヤングアメリカンズってのがあってさー、歌ったり踊ったりを舞台で披露するわけよ、ワークショップのあと、子供達と一緒に。なんかさー、企画自体はいいと思ったんだけど、アウトリーチって言葉聞くと、向こうが一段上みたいな、んー、こっちは、施される側なのかなにゃぁと思ったりしちゃいましたぁ。んー、一般的な英単語なんら?
長靴ねこ
長靴ねこ
2010/05/05 09:57
コメとブラボーさんきゅです(=´ ェ `=)ノ

うん、outreachって言葉自体にはさぁ、いつもの場所より少し先まで手や足を伸ばすって意味しかないにゃ。
芸能人が舞台を降りて観客と触れ合うとか、学者さんが大学や研究施設を出て地元民と触れ合うとか、そんな感じ。

それを日本のお役所がひねくると、こんな定義になるんだね、変だねって言いたかったのにゃ。おふたりの言うように、妙に上から目線に変えられてるよねー。

お、そう考えると、一般人向けのoutreachの訳語は「ふれあい」ですにゃ。
mmmm(MARI) (真理)
mmmm(MARI) (真理)
2010/05/06 07:45
ふむ、ふれあい、ねぇ。なんだか、相変わらず、上から目線を隠してるように聞こえなくもないのは、お役所が発する言葉だからかにゃぁ。
【英語生活研究所】Ken水野
【英語生活研究所】Ken水野
2010/05/08 16:59
つくづく「言葉は生き物」だなあ~ ということが分かります。
一般の世界の流行語はもとより、専門性の高い単語も日々チェック
しておかないと! ですね~♪
コメントを書く