上海bangの日記

感情という人のエネルギー(第二の人生探索日記19) 2017/08/22 13:08

はてなブックマークに追加

その他


25年くらい前の話だ。上海に単身で駐在していた時、プロ棋士から囲碁を教わっていたことがある。名は趙之雲、その時すでにトーナメント棋士から引退して、上海の新聞社の囲碁蘭の解説をしたり、本を書いて生計をたてていた。その先生から、僕は大事な人生訓を2つ学んだ。

1つは、「人に人格があるように、囲碁にも格がある」。
何事にも人格がでるから、勝ち負けは別にして、囲碁に向き合う姿勢が大事だと諭された。その時、僕は先生に負かされ続けて、すっかり負け犬根性が染み付いていた。気のない守りの手ばかり打って、先生をがっかりさせていた。

それから、僕の棋風は戦う棋風に変わっていった。棋力がどうあれ、上手に立ち向かう攻めの大事さを先生から教えられた。しばらくして、先生の石を攻めに攻めて初めて勝つことができた。

2つ目は、「人生を生き抜くエネルギーは2つある。それは、"愛"と"恨み"」
この教えは、最初、ピンとこなかった。上海にきてまだ時間がたっておらず、まだ30代半ばで若かったので、中国のことも人生の事もよくわかっていなかった。
「中国人は苦労人が多いが、"愛"が生きがいとなっている人と、"恨み"を晴らすことが生きがいになっている人の両極端に別れる」
それが先生の人生観だった。
「つきあう人を選びなさい。"苦労人はすべて善人だ"と単純に思い込む上海bangは、見ていて危なっかしい」

その時、 僕は上海のたった1人の駐在員として、事務所を立ち上げ、何人か中国人を採用していた。日本にいた時はペイペイだったので、人の上に立つのが初めての経験だった。いつも人の問題で悩みを抱えていた。
「苦労がその人の人生を荒んだものにしてしまうこともある」
そういう現実を、初めて目の当たりにした。

先生が他界して今年で21年になる。最近、僕は、もう1つの感情を日々のエネルギーにし始めている・・・それは、「悔しさ」。

毎朝5時前に起きて、TOEICの模試を解くことが、すっかり日課になった。「10000問チャレンジ」を始めた6月から、この2ヶ月で解いた問題は12000問に達した。

「なぜここまでムキになっているのか?」
自分でもよくわからなかったが、最近、MARIさんが英語部のトピックで立てた「塗り絵ついて」を読んではたと気がついた。7月のTOEICで15問塗り絵に終わったことが、いたく自分のプライドを傷つけているのだと。

それに対する部長のコメントに感心した。
「塗り絵とは敗者の礼儀(負けを素直に認めること)」
・・・甲子園で、泣きながら両手で土を掻き集める高校球児の姿が思い浮かんだ。負けた言い訳をいっさい断ち切って、黙々と土を袋に詰め込む球児の姿と重なった。

12000問解き終えた今でも、Rパートを時間内に解き終える自信がない。でも、この悔しさが朝一番の充実した時間を作り出してくれている。人は感情をエネルギーにして生きているのだと改めて自覚した。


ブラボー(63

コメント (13)

上海bang
上海bang
2017/08/22 13:14
趙先生のエピソードを作文で書いて、三年前に「中国語作文コンクール」で最優秀賞をとったことがあります。ご参考まで、掲載しておきます。

日本語訳:http://alcom.alc.co.jp/users/240293/diary/show/346979
中国語:http://world.people.com.cn/n/2014/0917/c157278-25681185.html
カリーナ
カリーナ
2017/08/22 16:21
上海さん、すごいです。日本語訳、中国語版、両方、見させていただきました。中国語は、読めないので、文字をながめるだけです。

私の場合、例えば、模試会等で、部長と同じ問題を解き、部長の方が、ミスが少なければ(だいたい部長の方が少ない)ものすごく悔しく思います。それも勉強するやる気の一つです。
arakaneigodaisuki
arakaneigodaisuki
2017/08/22 17:07
上海bangさんの悔しさが晴れることを信じています。
人間だれしも素晴らしい出会いを求めていますが、現実はなかなかこのような出会いはないですね。
このような出会いは上海bangさんの人柄とそしてチャンスをつかみ切る能力も必要かと思っています。
Nolan
Nolan
2017/08/22 17:18
とても良い話をありがとうございます。

あはは、塗り絵っていうんですね。私はTOEICは確か1度しか受けていないし、塗り絵をしたことがありませんが、そういえば中小企業診断士の苦手分野で山勘で回答したことは確かにあります。

でも、絶対当たれと気合を込めて塗り込んだように思います(笑)
NANA@英語多読家
NANA@英語多読家
2017/08/22 20:39
頑張って中国語で読もうと思いましたが、途中で挫折して日本語訳を読みました…。スゴイなあ、かっこいなあ、と憧れるばかりです!
YOSHI-san
YOSHI-san
2017/08/22 22:02
囲碁が上海bangさんを豊かにしているんですね。
上海bangさんの努力というかやり方は王道を行っているように見えます。
上海bang
上海bang
2017/08/23 06:11
カリーナさんの向上心には情熱と愛情を感じます。英語部員となってまだ日が浅いのですが、その活動の多さと広さに感心しています。
作文の中に出てくる趙先生の娘さんはすでに成人して、今、千葉県の葛西にいます。アニメ製作の専門学校を卒業し日本で働いています。僕が保証人となって親代りをしています。
上海bang
上海bang
2017/08/23 06:20
arakanさん、数日前から英語部員となりました。今晩は、ちるみーさんの帰国祝いのオフ会にも参加してきます。アルコムの皆さんとの交流を通して、これからの生き甲斐・やり甲斐を見つけていきたいと考えています。就活も年内はやりますが、厳しいので、別の道を考え始めています。
上海bang
上海bang
2017/08/23 06:30
Nolanさん、「塗り絵」というのは、僕も新形式TOEICを受け始めた4月から経験しています。試験前のインストラクションで「TOEICは間違いの数をベースにスコアを出す試験ではないので、全部回答することをお勧めします」というようなアナウンスがあるので素直に従っています。時間内に解けず、塗り絵していると敗北感が強く、ハムレット(世界で一番不幸な男)のような気分に陥ります。
上海bang
上海bang
2017/08/23 06:34
NANAさん、中国語のほうのチャレンジ、有難うございました。中国語の作文は、当時、いっぱい書いていました。NANAさんにもお会いする機会があれば、1990年代の上海の思い出話で盛り上がると思います。いつか、お会いしましょうね。
上海bang
上海bang
2017/08/23 06:40
YOSHI-san、囲碁もいっぱい負けて悔しい思いをいっぱいしないと上達しないのです。何事も、辛抱が大切ですね。昨年いただいた野口英世先生の「人の3倍も4倍も努力する人が天才だ」という言葉を、日々、実践しております。そろそろ皆で会いたいですね。
ryumineko
ryumineko
2017/08/23 18:11
出張から戻りました。
タイトルがいいですね。『情熱という人のエネルギー』
情熱ことが我々を突き動かしているのですね。情熱が強ければ強いほどガムシャラに人は行動しますが、年と共に情熱が小さくなり興味を失い行動しなくなってきますね。強い好奇心を持ち続けるようにしたいと思っています。
上海bang
上海bang
2017/08/24 06:07
ryuminekoさん、お疲れ様。相変わらずお忙しく、あちこちを飛び回っていらっしゃるのですね。僕は27日から、義理の息子と一緒に、懐かしのポートランドとシカゴに10日ほどいってきます。ハーレーの部品トレードフェアにいくのが目的ですが、久々に車を運転してコロンビア川沿いをドライブしたいと考えています。

ryuminekoさんは好奇心の塊で、かつ、とても行動的です。僕も真似をしています。
コメントを書く

上海bang

上海bang

コメント

カレンダー

<< 2017 年 08 月 >>
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

この日記を購読

rss