RobinZの日記

こんなことしてたなあ 2018/01/09 12:25

はてなブックマークに追加

日常


日曜日に、関西へ帰るRさんの引っ越しを手伝いに行ってきました。
お昼ぐらいに最寄り駅に着いたので、お弁当を買っていくことに。
もう一人、Rさんの同級生がいらしているとのことなので、3人分のお弁当とお茶を買いに近くのスーパーへ。
お弁当とお茶をカゴに入れると・・・

ん? なんかこの感じ、久しぶり・・・。

そもそもRさんと知り合うきっかけは、15年ほど前、神戸にある某美術館での展示会でした。私の勤め先が展示の施工とイベントの運営を請け負っていたんです。Rさんは美術館側の担当者。
準備の作業中に人数分のお弁当とお茶を買いに行くのが、下っ端の私の役目。
懐かしい思い出です。

その後、Rさんも私も神戸を離れ、また東京で一緒に仕事をすることになり、プライベートでも時々遊びにいったり、飲みに行ったりしてました。

貴重な洋楽ファンの飲み友達が遠くへ行ってしまうとは、ちと寂しい話ですが、関西へ遊びに行く口実ができるからいいとしましょう。

しかし、この引っ越しというのが曲者。
Rさんは東京にいる間に何度か引っ越しをしていますが、その割には荷物が多い。
おしゃれなので服や靴もたくさんある。仕事で使う資料や何かもある。海外出張で集めたアンティークの小物もたくさんある。(これだけは絶対に捨てられないようです。)
しかも、女性ながらDIYが好きで、自分で作った棚や何かもあちこちにある。
引っ越し屋を値切り倒したから、できるだけ捨てて荷物を減らしたいということで、余分なものはすべて解体して燃えるゴミ・燃えないゴミに分類。(私ならそのまま粗大ごみに出すけど・・・。)
いやー、大変でした。あと1週間で無事引っ越しできるでしょうか?って感じ。

でも引っ越しって、一時家の中がぐちゃぐちゃになると憂鬱になるけど、だんだん片付いていくから大丈夫ですよね。大物は私たちが解体したし。
なんて。^ ^;


帰りも遅くなったし、慣れない解体作業で、昨日は昼近くまで寝てました。
が、筋肉痛もあるのに、正月休みにやり残したEJの片付けをはじめてしまった・・・。
正味3年分ぐらいを紐で縛っていつでも捨てられる状態にしました。
とりあえず自分の部屋から追い出しただけだけど。
ついでに一緒に積んであったものも整頓。
いくらかすっきりしたかな。2018年の定期購読分の収納スペースもできたし。

とはいえ、古いものをいつまでも置いておくのは考え物、と思った週末でした。
だって、Rさんたら、15年前の展示会で使った小物まで持ってるんだものー!




ブラボー(32

コメント (4)

Megumi
Megumi
2018/01/09 13:03
実家の大掃除をするようになってから
つくづく物は最低限でいい、と思うようになりました。
これいつどうするつもりだったの、、、と思う物が多い。
似たような物が多い。靴下引き出しいっぱいいるのか?などなど。
父が作ってくれた本棚を解体する時は泣けたけど
そろそろ木の切れ端ともお別れ出来そうかも(笑)
RobinZ
RobinZ
2018/01/09 13:24
私も靴下買うのが好きで、履いてないのとかあります。^o^;
使ってなくて情が薄れたり、使いこんでお疲れ様って感じになれば捨てられますね。あとは置く場所がなくなったとき。^o^;
ぴーなっつ
ぴーなっつ
2018/01/09 23:36
私も持ち物は最小限であるべきだと思いますね~。
環境のことも考えて。
でもでも、ダンナが取っておいてある物は下手に捨てると、忘れたころになって「あれどこにあるか覚えてる?たしかここにしまっておいたと思ったんだけど」とか言ってくるのよね…。だから捨てられない(-_-;)
RobinZ
RobinZ
2018/01/10 09:45
ぴーなっつさん、家族のものはやっぱり確かめたほうがいいですね。血が繋がっていても価値観が同じとは限りませんからね~。
コメントを書く

コメント

カレンダー

<< 2018 年 01 月 >>
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

この日記を購読

rss