みだれ髪の3カ国語(日英西)日記

怖い絵展 その1 2017/11/16 16:51

はてなブックマークに追加

オフ会


一昨日、上野の森美術館で開催中の「怖い絵展」に行ってきた。
http://www.kowaie.com/
(12月17日まで、無休、今日から毎日、開館時間が夜8:00までに延長!)

去年から行きたいリストに入っていたものの、友人を誘っても良い返事が得られず、うーん、この展覧会は1人で行くか、と思っていたところ、mmmm(MARI)(真理)さんが、「ランチ&怖い絵展」オフ会を企画してくださった。わーい!

真理さんがすでにレポートを書かれているので、勝手に貼り付ける。
https://alcom.alc.co.jp/users/771/diary/show/423753
お、結構詳しいので私のレポートはいらないか?(笑)
すさのおさん、YoNさん、Terra Lunaさん、あられさん、楽しいランチのひと時をありがとうございます!次回はゆっくり展覧会やお茶もご一緒できれば、なおいいですね~。

というわけで、「怖い絵展」の話に入ろう。
平日だし、そんなには混まないだろうなあ、と思っていたのが、前日にサイトをチェックしてみると、平日に最大160分待ちという表示。うわ~!でもめげないめげない。

美術館のそばまで行くと、並んではいるけど、さほどでも?に見えたが、最後尾には「100分」のプラカード。
ま、100分なら想定外。でも、よく考えれば1時間40分、ランチより長いじゃないか(笑)
でも、「**展覧会」ではもっと並んだとか、いろいろお話をしている時に、カラス?の襲撃にあい、真理さんの髪がトリートメントされて大騒ぎ~、なんて感じで、意外と早かった。たぶん1時間弱くらいで入れたような気がする。よく見ると列が多少短くなったり長くなったりしてもプラカードの数字をいちいち変えている気配もないから、更新されていないのだろう。(開館時間が伸びたので、今後多少は緩和されるのではないかと予想。保証はないが)

チケットを持っていないとさらに並ぶことになるのか、先に買ってから並べということなのかちょっとわからなかったが、行かれる方は先に用意しておいた方が無難である。
オーディオガイドを借りることにしたので、さらに少し(10分かそこらか?)待つことになったが、これも想定内。(ちなみにオーディオガイドを借りる場合は、途中から並ぶ列が変わり、ちょっと見てから決めよう、というのは今回は許されないシステムだ)

という感じで2人ともヘッドホンを付けてもらって、無事に入場。
とはいかなかった~、入ろうと思ったら、そっちは途中の第4章じゃないか、初めはどこだ?矢印のほうに行くとトイレじゃないか。仕方なく入口で聞くと、あちらです、とそっけない。あちらはもう行ったってば、と思ったら、細い通路があった。わかりにくいぞ~

中に入るともちろん混んでいる。でも、さほどでもないエリアもある。
よく見ると、コの字型になっている、ただでさえ人がたまりそうなエリアに、ヘッドホン解説付きの絵を展示していたりするから余計にたまってしまう、という感じだ。おそらく誰もいない状態で、いい感じぃと思って並べ、こんなに混雑することをあまり考えていなかったんじゃないかな。

「怖い絵」展というタイトルに怖気づいて、行くのをためらう人がいる一方、「怖いもの見たさ」で行く人も多いのではないかと思う。でも、この展覧会のコンセプトは怖いものを見せることではない。
ご存知の方も多いかも知れないが、「ハプスブルグ家12の物語」など良書をたくさん出していらっしゃる、中野京子さんの著書に「怖い絵」というシリーズがあり、今回の展覧会は、それとコラボしている。
私は、怖いものを見ること自体は好きではないが、中野京子さんの「それまでの『絵画鑑賞は知識を必要とせず、感性と心のままに感じるのが正しい』という風潮を『そうではなくて、いろいろな知識があれば、絵画もまた違う角度で楽しめるのではないか』と思い、その切り口として『怖い絵』を選んでみた」という、そんな考え方に共感したのと、また、純粋に素敵な作品がたくさんありそう~と期待して、この展覧会は是非行きたい、と思っていた。

そして、その期待は裏切られなかった。
多少並べ方に難はあっても、作品自体は素晴らしい。

なんだか前置きが長くなってしまった気がするが、作品紹介に入ろう。
全体は6章に分かれ、83点、と標準的な作品数である。

第1章 神話と聖書

ドレイパー<オデュッセウスとセイレーン>。

 

 

美しい作品で、話を知らなければ何も怖くないが、セイレーン(人魚のような女性たち)はサイレンの語源にもなっていて、その歌声を聴くと気がくるってしまう?とか。

同じテーマで、見るからに怖いのが、
ギュスターヴ=アドレフ・モッサ<飽食のセイレーン>


第2章 悪魔・地獄・怪物

章のタイトルは凄いが、さほど怖いわけではない。
個人的には、原田マハ氏の「サロメ」を読んだ(まだ日記には書いてない)、ので、オーブリー・ピアズリーの挿絵が印象的だった。


第3章 異界と幻視

あの、エドゥアルド・ムンクの、らしい1枚<マドンナ>と

 

らしくない1枚<死と乙女>。


あれ?これだったかな?

チャールズ・シムズ<そして妖精たちは服を持って逃げた>


全然怖くない可愛い作品。
あ、でも服持って逃げられたら怖いか。(笑)

というところで、後半の作品は次回。


ブラボー(50

コメント (30)

すさのお
すさのお
2017/11/16 17:30
夢に出てきそうで怖いなぁ;;
YoN
YoN
2017/11/16 17:41
ここ数年で中野京子さんのこの考え方に少し共感するようになった気がします。(笑)

>全然怖くない可愛い作品。

最後の絵、好みが少し変わってきた私にも一瞬とても綺麗な絵に見えました。
(この絵の怖さはどこにあると言われているのか知りたいです。)

次の瞬間、脱ぎ取られた服や靴の間に白骨化した足があるような、うようよいる妖精に怖さを感じました。
タイトルを見たら、単なる妄想のようでしたが・・(笑)

OED Loves Me Not
OED Loves Me Not
2017/11/16 17:42
オデュッセウスとセイレーンが出てくる絵は、昔から好きです。もしもこういうセイレーンたちが、その美しい姿を見せながらこの世のものとも思えないような声で歌ってくれるなら、僕は本当に気が狂って海に飛び込んで溺死してもいいです。
RobinZ
RobinZ
2017/11/16 17:56
みだれ髪さんのお墨付きならまちがいないですね。^ ^
何とかして見に行きたいです~。
arakaneigodaisuki
arakaneigodaisuki
2017/11/16 18:38
来週の火曜日上京する予定なので、どの美術館に行くか今思案中です。
1時間ほど待たないと入館できない状況を考えると躊躇してしまいます。
「オデュッセウスとセイレーン」は美しい絵画ですね。
ポピンズ
ポピンズ
2017/11/16 20:35
<オデュッセウスとセイレーン>素敵ですね。本当にこの絵を見てたらセイレーンの歌が聞こえるような気になりますね。
<そして妖精たち・・・>も、可愛らしくて素敵です。

mmmm(MARI) (真理)
mmmm(MARI) (真理)
2017/11/17 09:20
うんうん、あのプラカード、少し長めなのをずっと持ってるんじゃ?って思ったー。
ってか、人気ある展覧会だと、ランチ&ってのは無謀かにゃぁ。ま、またそのうちなんか企画するけどね。わは。
mura-ocl
mura-ocl
2017/11/17 14:53
1番目の絵はいかにも聖書的だなと思ったかな。2番目と3番目は怖いというか、微妙というか。最後の絵は色はきれいだけど、背景等を知ってしまうと何となく怖いかな。下の方が白骨化したものが描かれたように思えましたからね。
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/17 18:11
Mahtabさん、mura-oclさん、The sky is the limitさん、Akubyさん、mmmm(MARI) (真理)さん、がくこちゃんさん、ポピンズさん、アリソンさん、TERRA LUNAさん、maytaさん、Azlaさん、カリーナさん、arakaneigodaisukiさん、
norizaruさん、RobinZさん、OED Loves Me Notさん、YoNさん、robin55さん、
すさのおさん、Jama Gata & Feliciaさん、ハイシー(hhc)さん>
ブラボーをありがとうございます!
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/17 18:14
すさのおさん>
コメントをありがとうございます!
夢に出てくると怖そうですよね~。でも、行きたかった展覧会を見ることができ、ノートを枕にぐっすり眠れました。
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/17 18:19
YoNさん>
コメントをありがとうございます!
中野京子さんの考えに共感してきてくださってうれしいです。

<そして妖精たちは服を持って逃げた>は、特に怖そうな説明が書いてなかったと思います。イギリスでは妖精の存在が信じられていた、的な話だったかと。日本で言えば、座敷童みたいな感じ?
、、、そういわれt見ると、なんかそう見えてきちゃった、こわっ(笑)
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/17 18:21
OED Loves Me Notさん>
コメントをありがとうございます!
<オデュッセウスとセイレーン>、素敵な作品ですよね。
こんなに美しい女性に狂わされるなら、男性も本望とういう感じでしょうかね。
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/17 18:24
RobinZさん>
コメントをありがとうございます!
多少(多々?)並ぶかもしれません、会場内で押されるかもしれませんが、でも、ライブほどの体力はいらないかも、と思うので、是非ご覧になってくださいね。
やはりメインは(次回紹介する)<レディ・ジェーンの処刑>ですが、ほかにも見る価値のある作品はたくさんあります。
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/17 18:38
arakaneigodaisukiさん>
コメントをありがとうございます!
おおっ、火曜日に上京なさるんですか。アルコムのお友達とご一緒ですか?
「怖い絵」展、是非お勧めしたいですが、やはり昼間は1時間くらいは並ぶことになると思います。夜8時までの開館で、夕方5:00を過ぎると少し混雑が緩和されるようです。
そのほかの展覧会でまだ日記に書いていないものとして、西洋美術館の「北斎とジャポニズム」展は、良いかもしれませんね。混んではいますが、並ぶほどではありません。
見てはいないのでよいかどうかわかりませんが、東京都美術館で「ゴッホ展」もあります。
「シャガール展」(東京ステーションギャラリー)、「オットーネベル」展(文化村)、「ロートレック」(三菱一号館)などもありますが、あまりお好みではないかも、です。
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/17 18:41
ポピンズさん>
コメントをありがとうございます!
セイレーンの声が聞こえないように、オデュッセウスは耳栓をしていたとか。
(という話を今思い出しました)
<そして妖精たち・・・>もきれいですよね。
ちょっとほかのものにも見えてきちゃいましたが。(笑)
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/17 18:49
mmmm(MARI) (真理)さん>
コメントをありがとうございます!
そうだなあ、ランチ時間がちょっと短くなった感じで(長居できない雰囲気もあったけど、もっといたければデザートを追加っていう手もあったからね)、ランチだけにいらした人には申し訳ない気もしたけど、私的には、腹ごしらえして疲れすぎないうちに展覧会というパターンがちょうどいいかな。
またお誘い頂けると嬉しいです♪
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/17 18:54
mura-oclさん>
コメントをありがとうございます!
1番目の作品は、タッチからすると聖書っぽいけど、題材はギリシャ神話からとっているようです。まあ、似たような話ありそうですけどね。
どこが怖いのか?微妙な絵も多かったです。
<そして妖精たちは服を持って逃げた>、全然怖くない、と思ったんですが、mura-oclさんも、白骨に見えましたか。そういわれるとそうとしか見えなくなってきました。。
momo126
momo126
2017/11/17 19:33
東京は、待ち時間が長くて大変ですね。
兵庫県立美術館では、並ばずに入りました。
しかし、会期最終の方は、口コミでかなり混んでいたようです。
中野京子さんの講演会もあり、聞きに行きましたが、知識を持ってみたら、さらに面白いって、ほんとにそうですよね。
西洋絵画は、聖書の知識なしには見られませんし。
6月ごろだったので、記憶から飛んでますが、思い出しました。
レディージェーンのが、一番印象的でした。
後半を楽しみにしていますね。
neneゴン
neneゴン
2017/11/18 00:36
そうそう!
これ観に行きたいと思ってるんですよ!

でもそんなに人気だー…( ̄∀ ̄) 待つのがなー
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/18 09:59
neneゴンさん、momo126さん>
ブラボーをありがとうございます!
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/18 10:06
momo126さん>
コメントをありがとうございます!
そうなんですよ。兵庫展に行かれた方が何人かいらして、評判はとても良かったものの、すごく並んだっていう話は聞かなかったので、大丈夫かな~と思っていたんです。
中野京子さんの講演会にも行かれたんですね!より展覧会を楽しめたことと思います。中野京子さんの著書は大好きで、「こわい絵」シリーズ以外(笑)はほとんど読んでいます。考えてみれば、中野京子さんの著書を読んでから、ほかの美術関係、聖書関係、親和関係などの本も読みだしました。ほんと、西洋絵画は、聖書の知識なしには理解できませんよね。
「レディージェーン」は、後半に登場します。
お楽しみに!
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/18 10:11
neneゴンさん>
コメントをありがとうございます!
待つよ~♪怖いよ~♪(笑)でも、是非ご覧になってくださいね!
開館時間が夜までに延長されたので、平日の夕方位が一番ねらい目だと思います。それでも30分くらいは待つだろうなあ。今朝は160分待ちだって!!(サイトのツイッター部分に待ち時間が出てます。)
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/18 10:25
YOSHI-sanさん>
ブラボーをありがとうございます!
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/20 16:25
hanasoraさん>
ブラボーをありがとうございます!
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/23 15:10
ぴーなっつさん、プリスキラさん、Nolanさん、LIBIさん、上海bangさん、NANA@英語多読家さん、ちるみーさん、えふさん、3Jさん、comacciさん、greenbeansさん、Dorothyさん、GoingNowhereさん、hecticさん、tabicoさん、chara-nom ♥さん、
nikochangさん、菜々さん>
ブラボーをありがとうございます!
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/23 19:25
クボコーチさん、あられさん、AngeloDurdenさん>
ブラボーをありがとうございます!
ゆきだるまちゃん
ゆきだるまちゃん
2017/11/23 20:12
中野京子さんの本は、たまたまアマゾンで見つけて気になっていて、今回すごく読みたくなりました。
絵には詳しくない私にとって、前もって知識があるといろんな視点で楽しめそうです。
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/24 15:05
しぶ美さん、ゆきだるまちゃんさん>
ブラボーをありがとうございます!
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/24 15:08
ゆきだるまちゃんさん>
コメントをありがとうございます!
中野京子さんの本おすすめですよ。個人的には12の物語シリーズ(ハプスブルグ、ブルボン、ロマノフ、そして最近イギリス王室も出ました)が一番好きです。この展覧会のコラボ本として、『怖い絵のひみつ。』もわかりやすかったです。
中野京子さんの本のおかげでずいぶん詳しくなりました。(笑)
みだれ髪
みだれ髪
2017/11/28 22:08
anne-sunさん、SPVMSVさん>
ブラボーをありがとうございます!
コメントを書く

みだれ髪

みだれ髪

コメント

カレンダー

<< 2017 年 11 月 >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別の日記

この日記を購読

rss