みだれ髪の3カ国語(日英西)日記

ポンペイの壁画展 2016/06/01 14:46

はてなブックマークに追加

旅行


東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催中の「ポンペイの壁画展」。
http://www.tokyo-np.co.jp/pompei/index.html
(7月3日まで、その後、名古屋、兵庫、山口、福岡に巡回する予定)

これも、日伊国交回復150周年記念展覧会の1つである。
行ってから少し時間がたってしまったが、先日、TV「ぶらぶら美術館」でも紹介されたことだし、思い出しながら書いてみよう。

ポンペイは、紀元79年の火山の噴火により埋もれてしまった都市で、18世紀に遺跡が発見され、1997年に世界遺産に登録された。
数々の貴重な美術品、工芸品、生活用品などが発掘されているが、今回の展覧会では、壁画に焦点を絞り、およそ50点が4つのブロックに分けて展示されている。

Ⅰ 建築と風景
<赤い建築を描いた壁面装飾>


かなり大きなもので、2000年も前の壁画とは思えないくらい色も鮮やかに残る。
この時代から、遠近法や陰影法が使われていることにも驚かされた。

Ⅱ 日常の生活
<カルミア―ノの農園別荘>の壁画がぐるりと1部屋に展示されている。
部屋にいるような臨場感を味わえるように、とのよい試みだが、こんな場合は壁画だけでなく、レプリカでもいいから小物も置いてほしかった気がする。惜しい!

Ⅲ 神話
日本初公開、パンフにもなっている、<アリアドネを見つけるディオニソス>。


女性が目についてしまうが、ディオニソスはうしろを振り向いている男性で、アリアドネは左下の子供だ。
このブロックは、ギリシャ・ローマ神話を知っているとより楽しめる絵が多い。

Ⅳ 神々と信仰
<踊るマイナス>。

 


この可愛らしい絵のモチーフは、後の本の挿絵などにも使われたそうだ。
マイナスという名の神は初めて聞いたが、ディオニソス(ローマではバッカス)の信奉者で、アルコールの作用を象徴するとのこと。
ポンペイではブドウ栽培がさかん->ワインが作られる->ディオニソスの神話が多い->マイナスもよく登場という感じらしい。


壁画は、一部欠けただけでほぼ全面残っているものもあるが、ジグソーパズルの作りかけのように、部分的なものも多い。
現代の技術を使えば、無い部分を予想して、修復することもできそうだが、ピースが欠けているところに生々しさを感じる。

この展覧会は渋そうだし、1人で行くつもりでいた。しかし、ちょうど行こうと思っていた日にやや遠方の友人が東京にでて来て、7-8年ぶりに会うことになったので、展覧会のほうも誘ってみると、是非行きたい!ということで、一緒に行くことにしたが、これは大正解だった。
全くの偶然だったが、友人はずいぶん前にポンペイに行ったことがあり、しかも一番の趣味が絵を描くこと。私1人で見てれば、そんなにきれいでもないなあ、で終わっていたような壁画も、すごいわ~!といちいち感激し、細部までどんな技術がつかわれているか説明してくれたので、かなりじっくりとみることができた。

あとでワインも楽しんで、充実の一日となった。


ブラボー(20

コメント (18)

anne-sun
anne-sun
2016/06/01 17:13
私もポンペイに行って遺跡、壁画を見たことあります、それにこの種の美術展を横浜でも昔、見たことがあります。その当時ギリシャ・ローマ神話にあまり興味がなかったので、あまり良く覚えていません、みだれ髪さんのような友人と一緒でしたらもっと楽しめたでしょうね、残念です。それにしても2000年前の壁画が発掘され私たちの目の前で展示されることを考えるともう一度見なければという気になります。
みだれ髪
みだれ髪
2016/06/01 17:17
アルコムのhoneybunさん、anne-sunさん、RobinZさん>
ブラボーをありがとうございます!
みだれ髪
みだれ髪
2016/06/01 17:24
anne-sunさん>
コメントをありがとうございます!
私も以前、横浜で「ポンペイ展」を持た記憶があります。もしかして同じ展覧会かも?その時は、やはり神話にも興味なく、あまり楽しめなかったように思います。
anne-sunさんはもう現地で見られているとのことなので、無理にお勧めはしませんが、展示方法や自分の知識の蓄積によってまた新たな発見があるかもしれません。といっても、やはり結構渋い展覧会ですね。(笑)。混雑していないのは好いですが。
Didgevillage
Didgevillage
2016/06/01 17:48
いつだったか渋谷にポンペイ展を見にいきました。
あまり美的な芸術的な展示品は多くなかったような記憶。
数人のミイラがデンと置いてあったのは少しショック。
一緒に寄り集まって最後を迎えたのでしょう。
多くは毒性のガスで瞬間的に亡くなったとか。なむなむ
arakaneigodaisuki
arakaneigodaisuki
2016/06/01 18:05
2000年前の壁画が後世に残り、素晴らしいことですね。その裏には名状しがたい惨事が...。

「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」ですね。
久しぶりにお会いし、すきな絵画とワインをたしなみ至福のひと時を過ごしたことと思います。
うらやましいです。
YoN
YoN
2016/06/01 21:26
小学生の時だったでしょうか?ヴェスビオ火山の噴火で町全体が火山灰で埋もれてしまった話を聞いた時のショックが蘇ってきました。

修復が入っているのか、とても鮮やかな状態で保存されているのには驚きますね。

そのお友達は、私達から見たみだれ髪さんのような存在ですね!はい、ご一緒していただくといろいろお勉強になります。^ ^v
Ryuren
Ryuren
2016/06/02 00:55
 私も国内で、この企画を見ました、数年前。それと、どの程度重なっているのかが一番知りたいです。
 「ローマ人の物語」を読んだので、ものすごく行きたくなりました。
 会場で、当時食べられていた、キャンデー?を売っていたので、買って食べた記憶もあります。素朴な味がしましたが、あまりおいしいものではなかったような。
みだれ髪
みだれ髪
2016/06/02 08:39
すさのおさん、Ryurenさん、huitreさん、Shizuka.さん、☆がんばるさん、ミッキーさん、YoNさん、蛍香さん、Didgevillageさん、Lily*さん、arakaneigodaisukiさん、maytaさん>
ブラボーをありがとうございます!
コメントバックはのちほど。
mura-ocl
mura-ocl
2016/06/02 10:20
ポンペイの火山、ローマ人の物語の8番目で書かれていたような。そして、壁画、綺麗ですね。いやあ、うっとり。
みだれ髪
みだれ髪
2016/06/02 20:30
robin55さん、mura-oclさん、mmmm(MARI) (真理)さん>
ブラボーをありがとうございます!
みだれ髪
みだれ髪
2016/06/02 20:44
Didgevillageさん>
コメントをありがとうございます!
渋谷のポンペイ展は行った記憶がありませんが、美術展というより火山噴火の様子を伝える展覧会だったのかもしれませんね。
もっとも今回の展覧会の壁画も、美術品としてみると、美しいものばかりでもありませんでした。
みだれ髪
みだれ髪
2016/06/02 20:48
arakaneigodaisukiさん>
コメントをありがとうございます。
大惨事のために多くの命が一瞬にして失われてしまったわけですが、そのために2000年前の遺跡を今そのまま見ることができるというのも皮肉なことです。

ともかくも久しぶりの友人との再会が、とても良い形でもててうれしい一日でした。
みだれ髪
みだれ髪
2016/06/02 20:55
YoNさん>
コメントをありがとうございます。
ヴェスビオ火山の噴火の話を最初にどこで聞いたのか、よく覚えていないのですが、詳細まで知ったのはごく最近のことに思います。そう小学生くらいね。(笑)

もちろん火山灰はきれいに落とされ、バラバラのピースを並べたり、多少の修復は入っているのでしょうが、色を全面的に塗りなおしたりはしていないようです。

お褒めの言葉?をありがとうございます。
でも、私は自分では全く絵が描けない!というところが決定的な違い。(笑)

みだれ髪
みだれ髪
2016/06/02 21:02
Ryurenさん>
コメントをありがとうございます!
もしかして数年前に行かれたのはこの展覧会でしょうか?
http://www.ntv.co.jp/pompei/about/work01.html
この展覧会も行きましたが、この時は様々な展示品があって、今回は壁画だけ、という大きな違いがあります。
<ケイロンによるアキレウスの教育>
http://www.tokyo-np.co.jp/pompei/img/03.jpg
など一部の壁画はこの時にも来ていたそうですが、全く記憶にございません。(笑)
私も「ローマ人の物語」を読んでいるところなので、とても興味深く展示を見ることができました。美しいものばかりではありませんが、ご興味あればお出かけください。
みだれ髪
みだれ髪
2016/06/02 21:10
mura-oclさん>
コメントをありがとうございます!
ローマ人の物語とリンクして楽しめました。
実際の壁画、2000年前のものと思えば美しいけど、写真やビデオほどではないかも、です(笑)
ポピンズ
ポピンズ
2016/06/06 00:46
わ~!ポンペイ壁画展、ぜひ行きたいです!
昔、ポンペイの遺跡に行ったことがあります。その頃は何も知らなかったので、あまり感動することもなく(「はあ~」程度です)歩いてました^^;今思えば、残念です。
先日、「ぶらぶら美術博物館」を見て、こんなに内容のある展覧会なんだ~と、感銘を受けました。でも、もう内容忘れてしまって、みだれ髪さんの日記で、あらためて思い出しました。<踊るマイナス>にしても、絵は記憶にあるのに、マイナスがそういう神だったなんて、まったく記憶に残ってなかったです。紹介していただいて、ありがとうございます^^
みだれ髪
みだれ髪
2016/06/06 14:48
ポピンズさん>
コメント&ブラボーをありがとうございます!
ポンペイの遺跡に行かれたことがあるんですね!
何も知らずに普通の美術展感覚で行ってしまうとあまり美しくはないなあ、という感じなってしまう展覧会ですが、歴史や神話などに興味を持っていると楽しめますので、お勧めです。関西にも巡回しますからぜひお越しください。
「ぶらぶら」は詳しく紹介していてよかったです。あの番組を見てまた行きたくなってしまいました。(笑)

みだれ髪
みだれ髪
2016/06/18 13:48
まおママさん>
ブラボーをありがとうございます!
コメントを書く

みだれ髪

みだれ髪

コメント

カレンダー

<< 2016 年 06 月 >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別の日記

この日記を購読

rss