みだれ髪の3カ国語(日英西)日記

コメント一覧

受け取ったコメントの一覧です。
2017/12/16 >「充たされざる者」は読んだことがありませんが、そういわれるとちょっと読ん見たくなったり。(笑) 是非読んでみてください。 感想を聞かせていただければ嬉しいです。 実は今年の目標で、私が生まれてから芥川賞を受賞した作品を読んでみようと目標を立ててみました。 読んでみて勉強になったことがありました。 一つの作品を読んでみて、読んだ人によって評価が大きくわかれることが多いということに気づきました。 ということは他人の評価に惑わされることなく、自分が感じたことを率直に述べればいいのだということです。 芥川賞を取った作品でも評価が分かれることが多く、今まで読んだうちでほぼ全員が評価している作品はあまりありませんでした。 (arakaneigodaisuki)
2017/12/16 ポピンズさん> コメントをありがとうございます! 「日の名残り」の原書買われたんですね! 活字が小さいのは苦しいかと思いますが、是非、くじけずにお読みくださいね。 「失われた巨人」、絶賛する方もいますが、どちらかというとよくわからない、という人が多いですね。私もお勧めはしません。 「上海の伯爵夫人」は、ず~いぶんまえから見たいDVDリストに入っているけど、いつになるのやら(笑)です。 (みだれ髪)
2017/12/16 arakaneigodaisukiさん> コメントをありがとうございます! カズオ・イシグロさんの本をほとんど読まれたとのこと、素晴らしい~ 「日の名残り」、読んでよかったと本ということでうれしいです。あとでクラブのコメントも拝見しに行きますね。 「私を離さないで」は、テーマが重すぎて読む気になれませんでしたが、よい作品なのだろうと想像します。 「充たされざる者」は読んだことがありませんが、そういわれるとちょっと読ん見たくなったり。(笑) 「夜想曲集」は、音楽好きなarakaneigodaisukiさんならとても楽しめるのではないか、と思いつつ読んでいました。(確か以前日記かコメントを読んだ気が?定かではありませんが)英語で読みにはよさそう、という気もしました。 「忘れられた巨人」は、やはりよさがわからなかったとのこと、そうですよね~。そういう意見が多いのですが、「充たされざる者」と同様、素晴らしい!という方もいて、感性の違いなのかな。 2015年の7月NHKの番組で「カズオ・イシグロの文学白熱教室」、私も見ました!一言では言えませんが、カズオ・イシグロという小説家の考えに触れられる、興味深い番組でしたね。村上春樹さんと通じるものがある気もしました。 (みだれ髪)
2017/12/16 Azlaさん> コメントをありがとうございます! 私も天邪鬼なので話題になると避けるみたいなところがありますが、でもやはり話題になったり人気のあるものはそれなりの理由がある、と最近思いなおしています。 カズオ・イシグロの本、是非お読みくださいね! (みだれ髪)
2017/12/16 pinokokekkoさん、maytaさん、ポピンズさん、Azlaさん、The sky is the limitさん、arakaneigodaisukiさん、robin55さん> ブラボーをありがとうございます! (みだれ髪)
2017/12/16 maytaさん> ブラボーをありがとうございます! (みだれ髪)
2017/12/16 アルコムのhoneybunさん> ブラボーをありがとうございます! (みだれ髪)
2017/12/16 arakaneigodaisukiさん> ブラボーをありがとうございます! (みだれ髪)
2017/12/15 「日の名残り」何度も小説・映画繰り返しご覧になったのですね! 「日の名残り」思わず原書を買ってしまい手元にあります。読むつもりですが、なんとも活字が小さく、自分には苦しいです(笑)シマッタ~! 「忘れられた巨人」面白そうと思いましたのに、残念です。やめとこう~という気になってきました(^^) カズオ・イシグロ脚本のDVD「上海の伯爵夫人」観ました。面白いといえば面白いかなぁ~ (ポピンズ)
2017/12/15 カズオ・イシグロの主な本すべて読みました。 読んでよかったと持った本は、「日の名残り」、「私を離さないで」 読んでさっぱり良さが理解できなかった本「充たされざる者」 彼の本を読むきっかけとなったのは、アルコムの友人のおかげです。 一番最初に読んだのが、『夜想曲集 ~音楽と夕暮れをめぐる5つの物語』(土屋政雄訳)でした。 これをきっかけに彼に興味を持ち読むようになりました。 「日の名残り」についてはクラブ「語学勉強&雑談」で感想を書いております。 もしよければ読んでいただければ幸いです。 何人かの人が感想を書いています。(コメント数がかなりありますが後半の部分です。) https://alcom.alc.co.jp/communities/1069/entries/show/266773 みだれ髪さんの日記を読んで、私も「忘れられた巨人」去年の8月に読みました。 あまりよさがわからなかったです。 雑誌「ユリイカ」の12月号にカズオ・イシグロの特集があり、翻訳家の柴田元幸氏と作家の中島京子氏が対談しておりその中で中島氏が「充たされざる者」は素晴らしい小説と言っていましたが、私にはさっぱりで主人公がライダーと言う名前なんですが、ドイツ語でライダーは残念という意味で読んでいながら頭の中はライダー、ライダーでした。(笑) ノーベル賞を受賞する前に読んだので、図書館でほとんど待たないですぐ借りて読むことができたのはラッキーでした。 2015年の7月NHKの番組で「カズオ・イシグロの文学白熱教室」があり、彼の小説を書く時の考え方などが語られていて非常に興味深い番組でした。 小説を書くきっかけとなったのは「日本について書きたかった。薄らいでいく日本の記憶を保存したかった」と言っていました。 (arakaneigodaisuki)
2017/12/15 文芸作品は普段からほとんど読まないうえに、天邪鬼なので話題になっているとなると食わず嫌いになってしまうのですが、みだれ髪さんの日記を読んで、そのうち読もうという気になってきました! (Azla)
2017/12/15 すさのおさん> コメントをありがとうございます! なるほど、中古のお値段のことまでは気が付きませんでした。 初版本なんて言ったらなおさらすごい値がつくかもしれませんね。 (みだれ髪)
2017/12/15 mmmm(MARI) (真理)さん、すさのおさん、NewYork32さん、あゆごんさん、ゆきだるまちゃんさん、アリソンさん、nikochangさん、20170516さん、みずき♪さん、ボンゴレ・ペペロンチーノさん、がくこちゃんさん> ブラボーをありがとうございます! (みだれ髪)
2017/12/15 ブックオフオンラインでは中古のお値段もあがっちゃいました (すさのお)
2017/12/14 YoNさん> コメントをありがとうございます! そうですね、何年もかけて体験してきたことを生かせる状況になかったこと、さぞかし無念だったろう、と思います。現代でも形は違っても同じようなことがあるんじゃないかな、という気もしますが。 音声解説もお聞きになったんですね!展覧会の会場にいるような雰囲気を少しでも味わっていただけたでしょうか?日にちがたつと、見てきたものも忘れてしまうので、ありがたいあんちょこでした。(笑) (みだれ髪)
2017/12/14 mura-oclさん> コメント&ブラボーをありがとうございます! 「伊東マンショの肖像画」は、発見されたのが最近なので、ご覧になったことはないかもしれませんね。「グレゴリウス13世の肖像」は、クオリティも高く印象に残りました。 (みだれ髪)
2017/12/14 この時代(でなくても)、こんな若い使節団が何年もかけて異国の地を渡って体験してきたこと、使命の偉大さを帰国後見事に踏みにじられたことの無念さが残りますが、素晴らしい展覧会を音声解説(気分を出すために聞いてみました)(笑)で楽しめました! (YoN)
2017/12/14 伊東マンショの肖像画、初めて見たような。グレゴリウス13世関係の絵、こうしてみるとすごい迫力ですね。 (mura-ocl)
2017/12/14 じゅびあ(Lluvia)さん> コメント&ブラボーをありがとうございます! 宝塚歌劇でご覧になったんですね。では、是非原作をお読みください。 「ヴェネチア編」は特に塩野七生さんの文体が固くてうわぁと思うかもしれませんが、内容はいいですよ。「メデイチ」が一番面白かった気がしますが、どうせなら3冊セットで。 (みだれ髪)
2017/12/14 じゅびあ(Lluvia)さん> ブラボーをありがとうございます! (みだれ髪)
8093 件中 1 - 20 件を表示

みだれ髪

みだれ髪

コメント

カレンダー

<< 2017 年 12 月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別の日記

この日記を購読

rss