Q&A

質問、回答する方はシティズン登録が必要です。

yosino の質問 2018/02/04 12:14

yosino
yosino
困った度
カテゴリ:[英語]

本文の日本語を英文にしたいのですが教えてください。

はてなブックマークに追加
日本語:私が住んでいる東京をあなたに紹介したいです。
英文:I'd like to introduce you to Tokyo I live in.

この質問に対する回答

OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

>>私が住んでいる東京をあなたに紹介したいです。
>>I'd like to introduce you to ★Tokyo I live in★.

僕が知る限りでは、「私が住んでいる東京」という意味で "Tokyo I live in" という言葉を使うことはありません。ただし、"★the★ Tokyo I live in" というふうに the をつけたら、「東京にはいろんな側面があるけど、そのうちの、私の住んでいる東京(の側面)」という意味として使えます。

ただしその場合、少し使い方が特殊です。たとえば "The Tokyo I live in is different from the Tokyo you saw yesterday." とかいうふうにだったら使えると思います。そしてこの言い回しは、30年くらい前に日本で流行った書籍の題名である "★The★ Japan That Can Say No" という言い回しと共通します。しかし今回の場合には、そんなややこしい言い方をする必要がまったくありません。

今回の場合には、文法書や中学校の英語テキストなどに載っている単純な次のような言い回しを使うのが普通でしょう。

I'd like to introduce you to Tokyo, where I live.
回答作成日時:2018/02/04 17:17   最終更新日時:2018/02/04 17:22
質問者 (yosino) からのコメント 2018/02/05 10:18
お尋ねします。会話でも where I live と where がいるのでしょうか?おねがいします。
それからいろいろ議論されていますが難しいことはわかりませんのでお尋ねをお願いします。
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

すでに挙げた例文に似たものを、Corpus of Contemporary American English (COCA) というネット上の無料コーパスから引き出してみます。

(1) I usually go for between three and six weeks at a time, then I'll spend between three and six weeks in ★New York, where I live and have a family★.
(San Francisco Chronicle, 1997, アメリカの新聞)

(2) He had restored it from a used one he bought in ★New York, where he lives★.
(2006, Firegirl という題名のアメリカの小説)
回答作成日時:2018/02/04 17:56
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

野ばらさんの回答
>>I'd like to introduce you (to) Tokyo I live in.
>>カッコのtoは文法的に不要です(間違いです)。

  ***********

ごくごく普通に中学生の文法や教科書を見ればわかりますし、洋書や新聞雑誌を読んでもわかるし、しゃべっている英語を聞いていても誰にも明らかですが、

I'd like to introduce you to Tokyo.

これは正しい英語です。その例文は、有名な書籍や新聞雑誌からもすぐに引き出せます。あまりにも明らかなので、説明する気にもならないくらいですが、あえて証拠を見せます。

(1) How did you meet the person who ★introduced you to radical Islam★?
(2015, NPR, spoken, Fresh Air という番組で)

(2) Who ★introduced you to vegetarianism★?
(2008, magazine, VegTimes, USA, COCA コーパスより)

(3) Forke & Flagg Ltd. of Austin attempted to "★Introduce You to Austin's Finest Dining and Entertainment World★," ....
(2015, news, Austin, USA, COCA より)

なお、上の例ではあえて "introduce you to" のあとに無生物が来る例を挙げました。もちろん、"introduce you to Mary (Tom, etc.)" というふうに、人間や動物が来る場合なら膨大に例が見つかります。なお、これは例外的なものではなく、最初から辞書にも載っているような構文です。

回答作成日時:2018/02/04 21:54
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

僕が自分のコメントを消すときは、スレッドとまったく関係ない雑談めいたものだったり、他人に苦情を言う時、相手からの攻撃に対する反撃をするときに限られていますが、野ばらさんはご自分の ★英語に関する回答★ を消すのが、これで少なくとも3回目ですね。それならそれでよいのですが、それなら他人がきちんとした理由があって自らの(くだらない雑談めいた)コメントを自主的に消すことを、どうか卑怯者扱いしないでください。
回答作成日時:2018/02/04 21:57   最終更新日時:2018/02/04 21:58
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

野ばらさんはさらに、"introduce you ★Tokyo I live in★" という言い回しが正しいともおっしゃっていました。それを自ら削除されたということは、それが間違いであることを認めておられるのですね。それはよいことです。
回答作成日時:2018/02/04 21:59   最終更新日時:2018/02/04 22:01
野ばら
野ばら

私の回答を削除したのは、事務局でもなく質問者さんでもなく、私です。(なぜか削除されている、質問者さんが削除するわけがないし、事務局に言わないと。と勘違いする方がおられるかもしれませんので、念のため)
一旦回答を投稿しましたが、自分の勘違いだと気づき削除しました。

というのも、私は
I'd like to introduce you to Tokyo.
と言う言い回しをせず、
I'd like to introduce Tokyo to you.
という言い方をしてきたので、
I'd like to introduce you to Tokyo I live in. と語順が変わる場合のことを、give などの動詞と一瞬混同したんですね。

そこで、気が付いたのですが、
①I'd like to introduce you to Tokyo.
とすると、あなたをTokyoに連れて行って、案内すると言ったようなニュアンス。 物理的にそこまでしなくても、大きなTokyoというものがあって、そこにあなたをいざなう感じ
②I'd like to introduce Tokyo to you.
とすると、あなたにTokyoのお話などインフォメーションを与えると言ったニュアンス。 あなたがいて、そこに情報を入れると言う感じ
の微妙な違いがあるように思います。

こちらのご質問ですと、おそらくTokyo のお話をして紹介すると言う程度なのだと思うので、
②I'd like to introduce Tokyo, where I live, to you.
の方が自然というか一般的な言い方ではないかなと思います。

回答作成日時:2018/02/05 05:33
光のフクロウ
光のフクロウ

I would like to introduce Tokyo, my hometown, to you. でもいいかも知れませんね。
回答作成日時:2018/02/05 12:25
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

フクロウさんの案である my hometown が使えたらすっきりすると、僕も考えていました。しかし、「私が住んでいる東京」とはいえ、単に数年しか住み着いていないかもしれないし、仮に30年ほど東京に住み着いていたとしても、いずれは田舎の実家に帰らないといけないと感じている人は、その田舎を my hometown と呼ぶかもしれないということで、hometown を使うにあたっては慎重にならないではいられませんでした。

さらに、
I'd like to introduce Tokyo, where I live, to you.
と言えば、中央に長い目的語が来て座りが悪くて(決して間違いはないけど)理想的とは言えない英文になるような気がしてしまい、さらには "to you" は old information (旧情報、聞き手がすでに知っていること) ですのでできればそういうものは前の方に追いやって、"where I live" という new information (新情報、聞き手がまだ知らないこと) を後ろに置くのが理想的ですので、

(1) I'd like to introduce to you Tokyo, where I live.
(2) I'd like to introduce you to Tokyo, where I live.
(3) I'd like to introduce you to Tokyo. I live there.

と僕ならば言いたくなるのです。今回の質問文に対する答えとしては、やはり (2) が形としてはすっきりしていて、特に提唱したくなるのです。

回答作成日時:2018/02/05 12:54
質問者 (yosino) からのコメント 2018/02/05 13:30
分かりました。where i live と where が必要ですね。
有難うございました。
回答の受付は終了しました。

新しい質問を投稿