Q&A

質問、回答する方はシティズン登録が必要です。

greenbeans の質問 2017/12/29 14:57

greenbeans
greenbeans
困った度
カテゴリ:[英語]

Professional Services time

はてなブックマークに追加
Professional Services time

これは日本語で言うならば、実稼働時間でしょうか?

この質問に対する回答

Felicia J
Felicia J

Professional Services time
のProfessional Servicesが、大文字で始まっていて、複数形になってますね。もし本文が本当にこうなっていれば、Professional Services は固有名詞だろうと思います。

そういう会社があるか、部署で、専門的サービスを担当するところがあるか、そのソフトウェアでしょうか。

Professional servicesというと、一般的には、特別な技術や知識を必要とする、会計とか、法律とか、エンジニアリングとか、そういうサービスを言うと思うのです。

どういう状況でProfessional Services timeが使用されているかわかりませんので、決定的なことは言えませんが、そういう会社や部署、またはそういう専門的なサービス、またはprofessional services automation (PSA) ソフトウェアの実稼働時間、作動時間だろうと思います。
回答作成日時:2017/12/29 16:48
質問者 (greenbeans) からのコメント 2017/12/29 20:37
すみません。一般的な費用の発生の仕方について説明している文であると思います。プロジェクトの要求事項によるという事が書いてある最後に

requiring Professional Services time.

と書かれています。

英語がわからず意味的なところから探り探り訳しているんですが、費用の発生についての文章なので、ソフトウェアの実稼働時間か、作動時間ならば意味が合いそうですが、web検索もしましたが 判別がつきませんでした。

なんで訳せないお前が英文読んでんの?と思われると思うのですが、私も同じことを思っていますが、何故か日本語翻訳された文章は私の仕事が終わった後に出てくる予定ですので、私は英語の原文で理解しなければならないのです。厳しい・・・( ;∀;)
ryumineko
ryumineko

大文字、小文字の関係はわかりませんが、一般的にはprofessional services timeは、弁護士や公認会計士など資格や免許が必要な職業の人が(依頼された仕事をするために)費やした時間をいうケースが多いです。

全部の文章や全文がわからないため確実な回答ではありませんが、アメリカでのビジネスでは契約書などで目にする表現です。
回答作成日時:2017/12/30 05:59
質問者 (greenbeans) からのコメント 2018/01/04 10:02
風邪で寝込んで年末年始を過ごしました。

ソフトウェアではなく人の工数的なことでしょうか。。。
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

大文字で書き始めている理由

@
ひょっとしたら、次のようなことが考えられます。質問者さんが抱えている文書の冒頭あたりに、professional services とは何かについての定義文があって、そこに、「professional services とは、弁護士などの専門職の人が費やした時間のことである」とかいう文面があるのではないでしょうか?そして、「この文書のここ以降ではこれを、大文字で表記して Professional Services と書くことにする」とかなんとか書いてあるのではないでしょうか?

少なくとも一般の契約書では、このように普通名詞を大文字で書き始めるのにはちゃんとしたわけがあって、冒頭に定義文があるはずなんです。

そのように、契約書の冒頭でまずはそこで使うキーワードを定義し、それをこの契約書においてはこれから大文字で書き始めるのだということを明記した例を、ここに示します。

The total period of time beginning with the Construction Phase Commencement Date and ending on the date of Substantial Completion of the Work is referred to hereafter as the "★Contract Time★". The Contract Time is set forth with more specificity in Paragraph B below.
http://www.mydavenport.org/vertical/sites/%7B96FA7459-A704-43EF-A44D-7BFA732F5D2E%7D/uploads/December_22_2014_-_Regular_Meeting.pdf

上記の例では、「当該工事の建設フェーズの開始日から竣工日までの期間全体を Cotract Time と呼び、それぞれの単語を大文字で書き始めることとする」という意味合いのことを書いています。そしてそれ以降では、contract time を常に大文字で書き始めているのです。だからこそ、契約書では大文字だらけとなるのです。(すでにご存じなら、つまらんことを書き続けてしまって、すみません。)

回答作成日時:2017/12/30 06:50   最終更新日時:2017/12/30 06:53
質問者 (greenbeans) からのコメント 2018/01/04 10:05
Professional Servicesについては、この文の前後、どこにも小文字でも大文字でも出てきませんでした。

前に定義されている用語を見逃した事がありますので、注意してみましたが、なかったです。

この場合はソフトウェアの不具合を直すエンジニアの工数じゃないかとは思うのですが、定義が見当たらないということは一般用語かな?と・・・
Azla
Azla
良回答

大文字で始まっていることについては他の回答にもあるとおり、最初か最後の付属書類等に定義集があってそこで定義されている可能性が高いです。定義集、とまとめられていないで、初出のところで「以下"Professional Services"という」となっているかもしれません。あるいは、この文書の性格がより上位の規定の細則等であれば、その上位の規定の中に定義がある可能性もあります。

具体的意味については、稼働時間の一種で、専門的対応を要する時間のことではないでしょうか。費用がタイム・チャージ制である場合、携わった者のレベルと作業内容で時間単価が違うことはよくあります。コンサル契約で、パートナーレベルだとhourly rate: $800.で、アソシエイトが対応すると$400.、庶務的なことで$80.といった別表が付いていたりします。そして請求時にも
Partner A: 5h@$800, Associate B: 20h@$400,...といった明細が付いてきます。
人ではなく機械が対応する場合であれば、コアとなる難しいソフトウェアが稼働する時間、とかでしょうか。それ以外の時間として何があるかその業界に明るくないのですが、administrativeな時間、maintenanceの時間とかでしょうか。
回答作成日時:2017/12/30 15:03
質問者 (greenbeans) からのコメント 2018/01/04 10:07
定義はないのです。稼働時間でいいんですね。この一文が全部実はサッパリわからなかったんですが、恐らく、稼働時間だとは思います。

ありがとうございます。
回答の受付は終了しました。

新しい質問を投稿