(3) R/L の区別 その1 2017/07/29 12:03

はてなブックマークに追加

Didgevillage Didgevillage の投稿
まずは L の発音ができなければ話にならない。 そこで L の特訓として ★無声音の L (音声は別途にアップ)  ★T+L ★英語の dark L と light L とは何か?

ブラボー(6

コメント (20)

greenbeans
greenbeans
2017/08/03 08:46
すみません!課題を頂いていたのですね!

今日、明日で、could've couldn'tの一週間訓練の成果と共にアップしようと思います。
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not
2017/08/07 07:54

>> L の特訓として ★無声音の L (音声は別途にアップ)

Didgevillage さんがアップロードしてくれたその音声ファイルは、どこで聞けるのですか?いくら探しても見当たりません。
Nolan
Nolan
2017/08/07 08:44
Nolan@Practicing American Englishです。そのうちあまり書き込みが出来なくなると思いますが、書けるうちに…

以前書いた文章ですが、両方のLについてです。IPAの発音記号では区別がないようですが、小学校のESLでは習うケースが多いようです。

いつかブログに書こうと思っていますが、基本的にこのRachel's Englishを基本に自学自習しています。

週末に英語の発音トレーニングです♪ (苦手なL)
http://nolan00267.blogspot.com/2013/10/l.html#more
Nolan
Nolan
2017/08/07 08:47
しまった、我が家の少なくとも一人はDark LとLight Lを区別して習っていないようです(可能性として、授業中聞いていなかったか、理解できなかった、忘れちゃっているということもあり得ますが)。
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not
2017/08/07 09:59
Nolan さんが紹介してくれた Rachel というアメリカ人による発音指導ビデオは、僕もいくらか見たことがあります。dark L と light L についても、

https://www.youtube.com/watch?v=3QNqs3kZCMg

Light vs Dark L, American English Pronunciation
このビデオの中で、彼女は丁寧に解説してくれてますね。

しかしこのような dark L と light L との区別は、別に意識しなくても、両方とも light L で発音したとしてもまったく間違いではないし、ちゃんと通じますね。第一、アイルランド育ちのアイルランド人にとっては、dark L はなくてすべてが light L のように聞こえます。少なくとも僕が聞いてきたアイルランド育ちのアイルランド人の発音は、そのようになっています。

アイルランド育ちと思われるアイルランド人の発音が聞けるビデオ

(1) Samuel Beckett による "Endgame" の芝居の映画版
https://www.youtube.com/watch?v=ok7Vc3jczNg&t=3888s

(2) Samuel Beckett による "Waiting for Godot" の芝居の映画版
https://www.youtube.com/watch?v=Wifcyo64n-w&t=555s

仮にきちんと dark L と light L とを区別できるように発音しようとしたら、標準的なアメリカ人の発音をそのまま忠実に真似さえすれば、そんな音声学用語を知らなくても自然と自分の発音は dark L や light L になっていると思います。
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not
2017/08/07 10:16
dark L と light L との区別なんて気にしなくていいということを、きわめてわかりやすく説明している楽しいアメリカ人男性がいます。

Q&A: Dark L versus Light L ... the TRUE STORY! (imho!!)
https://www.youtube.com/watch?v=U4En7vG1wV4
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not
2017/08/07 10:26
また別の人による、少し違った観点からの dark L と light L との区別についての発音指導ビデオ

Perfect Your Pronunciation - Light /l/ & Dark /l/
https://www.youtube.com/watch?v=4P63VPV4rgk
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not
2017/08/07 10:42
&
Rachel さんによる dark L についてのもう一つの面白いビデオがありました。ただしこのようなビデオは、L の普通の発音(light L つまり lamb, luck, left などにおける L)がまだ完璧にはできない人が見ると混乱すると思います。

EMAIL vs. EMAI-OH - How to make the Dark L - American English
https://www.youtube.com/watch?v=SixvSWhQ7Wc
Nolan
Nolan
2017/08/07 19:52
OEDさん、ありがとうございます。

coachshaneseslはかなり踏み込んでいますね。IPAであえて区別していないというのが本当であれば、そこが理由なのでしょうね。私もDark Lは上級者向きと考えていますが、DDさんの意見もぜひ聞いてみたいところです。

この後、Rの音のトピックが立つと思いますが、coachshaneseslのやり方にはお世話になりました。
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not
2017/08/07 20:00
#
Nolan さん

Q&A: Dark L versus Light L ... the TRUE STORY! (imho!!)
https://www.youtube.com/watch?v=U4En7vG1wV4

上記の Coach Shane という人は、確かに dark L を IPA では区別していないと言っていますね。確かに区別していない場合が多いですが、ときには dark L をɫ すなわち L の小文字である l を横棒で消したような記号を使うときもありますね。YouTube 上でも、その記号を使いながら説明している人もいますね。
Nolan
Nolan
2017/08/07 20:26
そうそう、タンクトップの彼女のビデオも昔、参考にしました。あと、Samuel Beckettはざっと聞きましたが、時間のある時に繰り返して聴きたいと思います。

もう一つ、Youtubeで見つからないのですが、あるビデオを見ながら私が半年くらい練習していた方法です。Lの発音の仕方としてthと同じように舌を上下の歯に挟む方法を紹介するアメリカ人がたまにいますが、これを組み合わせたものです。

例えばreallyの場合、realとやって(次のlyにつなげるのでLight Lで)からさらに歯に挟んでlyとやります。

実際に話すときに私はL音を歯に挟んで出しませんが、私の場合はだいぶL音が鍛えられたと思います。

Nolan
Nolan
2017/08/07 20:28
OEDさん、
コメントありがとうございます。私も同じ理解です。
Didgevillage
Didgevillage
2017/08/07 21:13
dark L

light L

の2種類があることはその通りですが、いわゆる light L も米語では dark になる傾向があります。

これは
lily of the valley (スズラン)
をフランス人に言わせると明らかになります。
つまり英語で(完璧に)明るい L を発音すると、少し変というか不自然に聞こえるのです。

ただYoutubeにアップして英語の発音を教えている英米人も意識していないので、注意が必要です。

英語の dark L は W と混同しやすく、注意が必要です。ポーランド語などでは L と書いて実際はWと発音するケースがあります。実際は横線を入れて区別しますが。
大文字 Ł
小文字 ł
Didgevillage
Didgevillage
2017/08/16 13:33
L の発音
有声の L と 無声の L が7回繰り返された後、
有声の R と 無声の R が1回

https://youtu.be/N1BKN76j4Z4

なお、無声の L はアイスランド語にあり、有声・無声の R は中国語(北京語にあります)
Didgevillage
Didgevillage
2017/08/16 16:02
なお、多くのネイティブも誤解しているようですが、

light L

dark L

の違いは舌先には関係ありません。つまりつける位置が歯の裏であるとか、どうのこうのいうのは的外れです。

日本人の学習者の中には
la
は比較早くマスターできても、
li
がどうしてもできず、すぐ ri になってしまう人が多くいます。
Nolan
Nolan
2017/08/16 18:02
この長く伸ばすのはいい訓練ですね。例の/s/と/z/も含めてtrainingで活用したいと思います。
Nolan
Nolan
2017/08/16 18:40
この長く伸ばす練習って、水泳でいうとボディ・ポジションを確認、改善するための「け伸び」の練習に似ている気がしてきました。

Rachelでも/pr~/などとやっていましたが、ここまで徹底的に伸ばすとさらに効果があるような気がします。正しい音でこれをやると(正しい音でやるのが大前提ですね)、口や舌のポジションが筋肉と神経にinputされ、記憶されていくのでしょうね。

あと無声のLやRはなんじゃいなと始め思いましたが、ふとしたタイミングで理解できました。
Didgevillage
Didgevillage
2017/08/16 19:05
>無声のLやRはなんじゃいな

要するに L や R も音声学的には摩擦音だということです。

生半可な文法家が「流音」とか「側音」などと言うから、訳が分からなくなるのです。
Nolan
Nolan
2017/08/17 01:50
ふと思いつきましたが、良く考えるとvも摩擦音(正確には破擦音??)!?
破裂音や摩擦音という意識はこれまでほとんどなく、日本語の「ぶ」にちかいということでbとの対比で意識して来ましたが、一つ理解が高まりそうです。
Didgevillage
Didgevillage
2017/08/17 04:05
v は 摩擦音である f の有声音ですから、当然、摩擦音です。

s/z th/th をやったとき、一緒にやろうかと思ったのですが、混乱を避けたかったので。

ただ、無声/有声で音質が大きく変わってしまうものもありますが、これはまた後のお楽しみということで。
コメントを書く

自分の発音ビデオを投稿しよう

自分の発音ビデオを投稿しよう
Club-1993

カレンダー

<< 2017 年 07 月 >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

この記事を購読

rss