(155) 罪と罰 2 (Sonya と Raskolnikov) 2018/02/05 19:47

はてなブックマークに追加

OED Loves Me Not OED Loves Me Not の投稿

日記で書いた記事を、ここにも貼り付ける。

★★★★ ネタばれ注意 ★★★★

ネタをばらされるのが嫌な人は、読まないでください。さて、この小説は英語版では500ページくらいで、日本語版の文庫本ではたぶん 1,000 ページくらい続くものだけど、首尾一貫して、実に会話文が多い。登場人物はみな、しゃべり始めると止まらない。

しかし、英語版で言うと最後の 15 ページを占める Epilogue には、ほとんど会話がない。会話をすべて合わせても、5行くらいにしかならない。静かなナレーションが続く。時が止まったかのような静寂な話が続くのだ。

この小説の登場人物はみな、大いに笑ったり怒ったりしゃべりまくったりして忙しい。実に生き生きしている。ただし、主人公の Raskolnikov だけは、ほとんど笑いもせず泣きもしない。長い小説の中で、おそらくは2回だけ泣く。一度は、自首する直前に娼婦 Sonya の言葉を思い出し、突如として宇宙全体と自分の存在とが融合したかのような印象を得たのだろうか、ともかく涙が滂沱(ぼうだ)と流れ始め、彼は Sonya の言う通りに往来に跪(ひざまず)き、きたない路面に接吻する。本当はこのあと、Sonya からは「私は人を殺した、と大声で叫びなさい」と言われていたのだが、それだけはできなかった。周囲のくだらない連中から野次を飛ばされ、Raskolnikov の法悦のような心境はかき消されてしまったのだった。

それはともかく、ほんの 15 ページだけ続く Epilogue では Raskolnikov はシベリアで懲役に服している。Sonya を心から必要としていながらも、どうしても Sonya を愛せなかった。いや、Raskolnikov はそもそも、誰をも愛せなかったのだ。愛というものの不可能性を奥深いところから感じていたからだろう。

しかし、この物語の最後の最後では、状況が違っている。病み上がりの Sonya が、久しぶりに面会にやってくる。いつもなら邪険に彼女を扱ってしまうところなのに、Raskolnikov は Sonya の手を取って、いつまでも離さない。そして突然、彼女の足元に顔をうずめて泣き始める。Raskolnikov が泣くのは、この長い物語で、これが2回目で最後だ。さらに、Sonya の足元に顔をうずめて(確かここでその足に接吻し)「君なしには生きてはいけない」とつぶやくという場面もある。それは、欲望をたぎらせた男たちを連れ込む部屋での話である。

ここで初めて Raskolnikov は、Sonya を愛しているということを知るのだ。そして Sonya はそれを感じるのだ。

僕はここを読むたびに、涙を禁じ得ない。歩きながら読んでいて、歩きながら泣いてしまったこともある。audiobook で英語版の朗読を聞きながら、やはり路上で泣いてしまったこともある。この部分を、少し長めに引用するけど、面倒ならば斜め読みでもいいからしてほしい。

Suddenly he (主人公 Raskolnikov) found Sonia (娼婦の Sonya) beside him; she had come up noiselessly and sat down at his side. It was still quite early; the morning chill was still keen. She wore her poor old burnous and the green shawl; her face still showed signs of illness, it was thinner and paler. She gave him a joyful smile of welcome, but held out her hand with her usual timidity. She was always timid of holding out her hand to him and sometimes did not offer it at all, as though afraid he would repel it. He always took her hand as though with repugnance, always seemed vexed to meet her and was sometimes obstinately silent throughout her visit. Sometimes she trembled before him and went away deeply grieved. But now their hands did not part. He stole a rapid glance at her and dropped his eyes on the ground without speaking. They were alone, no one had seen them. The guard had turned away for the time.

How it happened he (主人公 Raskolnikov) did not know. But all at once something seemed to seize him and fling him at her (娼婦 Sonya) feet. He wept and threw his arms round her knees. For the first instant she was terribly frightened and she turned pale. She jumped up and looked at him trembling. But at the same moment ★she understood, and a light of infinite happiness came into her eyes. She knew and had no doubt that he loved her beyond everything and that at last the moment had come....★

They wanted to speak, but could not; tears stood in their eyes. They were both pale and thin; but those sick pale faces were bright with the dawn of a new future, of a full resurrection into a new life. They were renewed by love; the heart of each held infinite sources of life for the heart of the other.
http://www.gutenberg.org/files/2554/2554-h/2554-h.htm

ブラボー(3

コメントを書く

英語とその周辺の言語と文化

英語とその周辺の言語と文化
Club-1975

カレンダー

<< 2018 年 02 月 >>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728

この記事を購読

rss