marcoの日記

【HM100%活用法その52】今日の日記は必読ですよ(笑)。 2012/06/22 16:38

はてなブックマークに追加

通信講座日記


 みなさん、こんにちは。アルクのmarcoです。

 先週は体調不良でご心配をおかけしましたが今週は復調しております。温かいお言葉をくださったみなさん、ありがとうございました(涙)。

 

 台風が去ったと思ったら今朝はまたすごい雨。みなさん、水害にはくれぐれもお気をつけください。

 

 昔から「晴耕雨読」と申しますが、こんな日は本が読みたくなります(ほんとか?)。

 以前、シバハラコーチ(↓この人)とメールのやりとりをしていたときにうかがった話です。

 「本を読んで感銘を受けたとき、著者に手紙を出すんです」。

 さ、さすがはシバハラコーチ。

 「さすが」と書いておいてなんですが、私も本を読んでいてもたってもいられなくなったときには「筆」をとるようにしています(私の場合はキーをたたく、ですけれど)。

 ところが、このところ感想を書き著者に送るのをサボっておりまして・・・

 いまどうしても、それについて感想を書きたい本が2冊・・・

 「忙しい」とかそういうことではないんです。

 「考えて書く」という作業をあまりしていないために、なかなか考えがまとまらないんですよね(汗)。

 やっぱり、書きたいなら、「書く」練習を積まないといけません。

 英語でも日本語でもね(汗)。 

 

 いま、内田樹先生の『街場の読書論』を読んでいます。

 この本も、感想を書きたいと思わせる本です。 

 脳科学者の池谷裕二さんによる講演を聞いたときに印象に残ったエピソードが紹介されてました。

 忘れないうちにメモしておこうと思ったのは、スワヒリ語四十語を覚えるプログラムの話。それをご紹介しよう。

 スワヒリ語の単語四十語を学習して、それから覚えたかどうかテストする、という単純な実験である。ただし、四グループにわけて、それぞれ違うやり方をする。

 第一グループはテストをして、一つでも間違いがあれば、また四十語全部を学習し、四十単語全部についてテストをする。それを全問正解するまで続ける。いちばん「まじめ」なグループである。

 第二グループは、間違いがあれば、間違った単語だけ学習し、四十単語全部についてテストをする。

 第三グループは、間違いがあれば、四十単語全部を学習し、間違った単語についてだけテストをする。

 第四グループは、間違いがあれば、間違った単語だけ学習し、間違った単語についてだけテストをする。これがいちばん「手抜き」なグループである。

 全問正解に至るまでの時間はこの四グループに有意な差はなかった。まじめにやっても、ずるこくやっても、どの勉強法をしても、結果は同じなのである。

 ところが、それから数週間あいだを置いて、もう一度テストをしたら、劇的な差がついた。

 「まじめ」グループの正解率は八十一%、「手抜き」グループの正解率は三十六%。まあ、これは天網恢恢疎にして漏らさずというやつである。

 さて、問題は、第二グループと第三グループはどういうふうになったかである。第二と第三はやったことがよく似ている。勉強に割いた時間も変わらない。にもかかわらず大きな差がついた。

 さて、どちらが正解率が高かったでしょう。一分間考えてね。(後略)

                  『街場の読書論』内田樹

 さて、正解率、どうなったと思います?

 1分間考えてみてくださいね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 孫引きをつづけます。 

 第二グループの正解率は八十一%(「まじめ」グループと同率)。

 第三グループの正解率は三十六%(「手抜き」グループと同率)。

 これから何がわかるか。 

 「学習」は脳への入力である。「テスト」は脳からの出力である。

 つまり、脳の機能は「出力」を基準にして、そのパフォーマンスが変化するのである。平たく言えば、「いくら詰め込んでも無意味」であり、「使ったもの勝ち」ということである。

                             出典同 

 

 とっても興味深い研究結果ですね。使わないとダメ、というのは(汗)。

 インプットはとても大切だけれど、アウトプットはそれと同じか、それ以上に大事なんです(汗)。。

 そ、そっか・・・だとすると、脳科学的には、どんどん使う、というのが正しい、ということですね。

 これは、明日からの、いや、今日からの学習に即 活かさねば(笑)。

 

 ちょっと長くなりましたので、この辺で中休み的に、今週のヒアリング時間報告。

●2012年6月22日13時現在(「uListening」のカウンター)

ulistening20120622 

 えっと・・・6月22日目にして36時間13分。ということは・・・

 1日あたり、およそ1時間40分・・・す、少ない(汗)。

 でも、いいんです(笑)。だって、大切なのはインプットじゃなくて、アウトプットだから(笑)。

 って、そういう話じゃないですね・・・

 インプットばかりではなくて、アウトプットもしっかりやれよ、って話でした(汗)。

 はい、引き続きインプットもがんばりますぅ(汗)。

 

 さてと・・・では、今週末、腰を据えて「読書感想文」を書くとしますか(汗)。

 もちろん、英語学習、そして、英語の「出力」も、ね(笑)。

 

 それではみなさん、Have a good weekend♪ 

 

 最新のHMとEJの2012年7月号表紙画像を入手したい人はコチラから

▶ これまでの【HM100%活用法】はコチラから


ブラボー(96

コメント (29)

ryumineko
ryumineko
2012/06/22 17:29
アウトプットの大切さがよくわかりました。自分の学習の仕方も見直そう。

手紙のお話し。

友人は気に入ったレストランがあると必ず手紙を送るのだそうです。そして、気に入ったお店だから、また行く。その際に「いいレストランなのでまた来ました。手紙を出すほど気に入ったすばらしいレストランです」と一言添えるそうです。

それからはパトロン的なお客待遇になるそうです。そのおこぼれを頂戴して京懐石やフランス料理のお店に同行したり、紹介してもらって最高のサービスを受けています。

手紙の威力です。

でも、社長のクセによく手紙を書く時間があるよなぁ~と思っています...
恵美
恵美
2012/06/22 17:53
ためになるお話をありがとうございました。
やはり、使わないと(アウトプットしないと)だめってことですね。
もちろん、インプットも大事。私は両方をもっと頑張らなくては(><)
Keanu
Keanu
2012/06/22 17:56
input後は意識して、それ以上の outputを心がけることが効率よい定着法なのですね。
ラジオやテレビで聞いた新表現を最近どんどんメモしてますが、
まずは翌日に英日、日英で声に出して再度読むようにします^^
integrale
integrale
2012/06/22 18:41
タイトルにつられて立ち寄りました。

ふむふむ、メモメモ。
Megumi
Megumi
2012/06/22 18:48
真面目クラスかあ。


似たような実験?いやレッスンを高校生としたことがありますね。
あちらは 高校生レベルで こっちは 大人レベルの語彙。
まさか 高校生に負けるわけにはいかないので 必至に単語を暗記。

そのとき 一個でも間違ったら 全部もう一回やってました。

あれを またやってみようかと思います。

へいちゃん
へいちゃん
2012/06/22 20:24
高校時代に英単語を必死に覚えた時のことを思い出しました。

私の年代の定番は「試験に出る英単語(略称”でる単”」

一日に覚える量(例えば1ページ)を決めて、毎日そのページ
を全部できるまで繰り返すという所は、ごく当たり前のやり方
ですが、その日に新たに覚えた単語が全問正解した次の
アウトプットでは最初のページから全部通して復習。
間違えたらその場合も最初に戻って、全部できるまで
繰り返す。
つまり毎日、新たなページ+それまでに覚えたページ全部
のアウトプットを繰り返しました。

これだけやれば、最後まで到達した時には1冊丸ごと完璧に
覚えられましたね。
学校では毎日友人と単語問題の出し合いをしてましたから、
友人に負けるもんかと、家では必死になって覚えました。

アウトプットを繰り返す、暗記勝負の場合はこれが王道ですね。

懐かしい思い出です。

ちなみに今その単語力は見る影もなく、ここでもまた
アウトプットの大切さを身をもって感じるのでありました(;_;)
玲
2012/06/22 21:34
こっ、これ、いいっ!!

>第二グループは、間違いがあれば、間違った単語だけ学習し、四十単語全部についてテストをする。

outputの大切さ、ですね。
早速来週、試験前の生徒達に「こういう風に勉強するんだよ」と話そうと思いました。(もちろん自分も)

いいお話をありがとうございました~(^^)
misosoup
misosoup
2012/06/22 21:44
なるほど! 確かに必読(笑)。

本当の意味で定着させるには、やはり使うことが欠かせませんね。
実際、難しい割りに良く覚えている単語は、ある時期に使いまくった語彙ばかり。
簡単に覚えられたはずなのに、記憶から抜け落ちている単語は、あまり使わないものがほとんどですもの。。

覚えたければ使え!!をモットーに今後も精進します。

興味深いお話をご紹介くださってありがとうございます♪
caesar
caesar
2012/06/22 21:49
本当に必読でした。
ショックー
絶対、第三グループ だと思ってた。
うそーーーー。

ま、まぁ、いいや。
これから、そういう風にしていこう。

とってもためになりました。
mokurenn
mokurenn
2012/06/22 21:56
ホント、こちらの日記、必読です。ありがとうございます。

先日、築山節「脳が冴える15の習慣」を読み自分の日記で紹介しました。
築山氏は脳神経外科医で、高次機能障害の方をはじめ意欲低下、脳機能低下の治療に取り組んでこられました。

同様なことが書いてありました。覚えるなどの、インプットをするときは、アウトプットを常に意識することが肝要だそうです。
じゅびあ(Lluvia)
じゅびあ(Lluvia)
2012/06/22 22:31
さっすが~、まーこさん♡
御病気の間も、英語学習の事を考え続けていたんですね~~♪

今回も、いつも同様貴重なお話を、有難うございました(*^_^*)
Hirosaka
Hirosaka
2012/06/23 03:10
ハイライトから来ました。
一番効率よいのは、グループ2なんですね。
なるほど、ためになります。
今後の勉強方針の見直しにさせていただきます。

とはいえ、私の場合は間違いだらけで全見直し、全テストに
なりそうですけど。(^^;;

あづさ
あづさ
2012/06/23 05:34
いつもお役立ち情報ありがとうございます。
「誰かに内容を通訳するつもりで聴く」とか、「授業で内容について何を聞かれてもとっさに答えられるように記事を読み込んでみる」など、常に臨戦体制で学習していくのも、時どき全テストと同じ効果を発揮してくれそうですね。
HEMHETの過去問復習の時にも、応用してみます。(^_^)☆
ちばおハム
ちばおハム
2012/06/23 05:51
この本は武田鉄也さんもラジオで紹介していましたね。
まだ読んでないのですが。

勉強法のなかでアウトプットがいかに必要かがよくわかりました。
私はインプットも少ないので、両方がんばらないと!!
みるきぃ
みるきぃ
2012/06/23 07:21
とても参考になりました。覚えられないとどうしても「インプットが足りない」と思い、さらにインプット強化に走りますが、marcoさんの日記を読んで行動を改めないといけないと思いました。ありがとうございました。<m(__)m>
ちるみー
ちるみー
2012/06/23 07:33
でも書き言葉なんか、難しい単語とか言い回しありますが、ほとんどアウトプットする場がないから、かたっぱしから忘れちゃう!(汗)
壁に貼って毎日音読する!?書いてみる!?
どこまで頑張るかだなぁ~(^^;

貴重なお話どうもありがとうございました^^
mamma
mamma
2012/06/23 07:41
内田樹さん、私も好きです。モノの見方が多様で開眼します。
Matoko
Matoko
2012/06/23 11:33
ハイライトのタイトルをみて「こりゃmarcoさんだな」と思ったら
やっぱり(笑)

でも!タイトルにウソ偽りなく、本当に必読だった!
marcoさん、ご紹介いただいてありがとうございます。
アウトプットするぞ。そして近所の迷える中高生にも伝授しておきます。

内田樹さんの本とブログは私も良く読んでます。
「好き」かと言われると、ちょっと違うんだけど。
建前の後ろに隠れてる様々な事象を、(根拠の有無にかかわらず)ずばっと切りとって見せてくれるイタ気持ちいい感じがたまりません。
学者さんの本って、その「根拠」の部分を積み上げてるあいだに
言いたいことがぼけてくるんだけど(→え、読解力の欠如?)、
内田さんの本は展開にスピードあるから最後まで読める気がします(爆)
まおママ
まおママ
2012/06/23 16:46
インプットばかりしている今日この頃。。。
イタタタタ(><)
薫
2012/06/23 17:15
ほんとに「必読」でしたあ! 「看板に偽り無し」!
私からも。

で、私が"output"できる場というと、通っている英会話学校と、
受けようとしている試験だけなのですが
(そうです。私にとっての英語って単なる習い事なのですが)、
それでもmarcoさんを始めとする、アルコムのシティズンの皆さんの
日記を読ませていただくと、反省することしきりで、
とっても刺激になってます。

こちらで初めてアップさせていただきますが、
「ボランティア通訳検定」、じつはちょっと気になってます。
sasacchi
sasacchi
2012/06/23 22:22
とても興味深いお話ありがとうございます。
アウトプットって大切なんですね!単語を覚える際の参考にしたいとおもいます!
玲
2012/06/23 23:19
2度目の書き込みです。

>第二グループは、間違いがあれば、間違った単語だけ学習し、四十単語全部についてテストをする。

つまり40語すべてをチェックすることで、下がってきた忘却曲線を一度あげてるんですね。(この言い方、正しいのか?)つまりたまたまその時点では合っていても、どんどん忘れていくって事なのかな?

ともあれ、自分の学習方法にも大いに応用できるな~と思いました。(^^)

Hermione
Hermione
2012/06/24 14:14
> この辺で中休み的に、今週のヒアリング時間報告。

えー! 中休みなのー! とつっこんだのは私だけでしょうか・・・

今、私も自分のカウンターを見たら、Marcoさんには勝ってますv
が目標時間には全然足りません。うー・・・
あと1週間がんばります!
とりあえず帰宅前のカフェ勉かな。これが意外とはかどりますw
Mariquita
Mariquita
2012/06/25 09:48
インプットだけじゃ、ダメなんですね・・・。
どうりで、実際に使うことの少ない外国語は、身につかないはずだわ。
今後はアウトプットも、学習に取り入れます。
clapon
clapon
2012/06/25 11:07
えーこんなに違いがでるんですね!驚きました。
アウトプットやテストが大事なんですね。
さっそく応用してみます♪
marco
marco
2012/06/25 18:47
ryuminekoさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

> それからはパトロン的なお客待遇になるそうです。

おそるべし、手紙の威力!
手紙にはそれだけの力がある、ということですね。
私も「ここぞ!」というときには手紙を書きますが、
字が下手なのでプリントアウトしたレターなので
味気ないです。これではパトロン待遇は望めませんね(汗)。
marco
marco
2012/06/25 18:51
恵美さん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

> やはり、使わないと(アウトプットしないと)だめってことですね。

そのようですね(笑)。
昔から「使って覚えろ」って言いますもんね。
おたがいにがんばりましょうね。
marco
marco
2012/07/03 15:19
>Keanuさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
> ラジオやテレビで聞いた新表現を最近どんどんメモしてますが、まずは翌日に英日、日英で声に出して再度読むようにします^^

聞いているだけでタフな感じですが(笑)、定着しそうですね。
がんばってください!


>integraleさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
>タイトルにつられて立ち寄りました。ふむふむ、メモメモ。

ご参考になれば幸いです!


>Megumiさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
> 似たような実験?いやレッスンを高校生としたことがありますね。
あちらは 高校生レベルで こっちは 大人レベルの語彙。
まさか 高校生に負けるわけにはいかないので 必至に単語を暗記。
そのとき 一個でも間違ったら 全部もう一回やってました。
あれを またやってみようかと思います。

しんどい勉強であればあるほど、おそらく定着するのでしょう(笑)。
「負けん気」でがんばってください!


>へいちゃんさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
> ちなみに今その単語力は見る影もなく、ここでもまた
アウトプットの大切さを身をもって感じるのでありました(;_;)

でも、あのころ培った語彙力はきっとベースになっているはず。
であれば、その基礎を固めていくのはイチからはじめるよりも
断然楽ですよね。がんばりましょう!


>玲さん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
> 早速来週、試験前の生徒達に「こういう風に勉強するんだよ」と話そうと思いました。(もちろん自分も)いいお話をありがとうございました~(^^)

私も息子に話しました(笑)。効果はいかに?


>misosoupさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
> 覚えたければ使え!!をモットーに今後も精進します。

「覚えたければ使え!!」って逆説的でおもしろいですよね(笑)。
いかに日常に組み込むか、考えてまいります!


>caesarさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
> ショックー 絶対、第三グループ だと思ってた。うそーーーー。

個人差があるかもしれません(笑)。
いろいろと試して、自分に合ったやり方で取り組む、というが
実は長続きするコツかもしれません。


>mokurennさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
> 先日、築山節「脳が冴える15の習慣」を読み自分の日記で紹介しました。築山氏は脳神経外科医で、高次機能障害の方をはじめ意欲低下、脳機能低下の治療に取り組んでこられました。

ためになる情報をありがとうございます。日記読ませていただきますね!
marco
marco
2012/07/03 15:22
>じゅびあさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
> 御病気の間も、英語学習の事を考え続けていたんですね~~♪

あったりまえじゃないですか!(笑)
いえいえ、読んでいた本にたまたま・・・
ご参考にしていただけたらうれしいです!(笑)


>Hirosakaさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
> 一番効率よいのは、グループ2なんですね。今後の勉強方針の見直しにさせていただきます。

「出力する」というのがキーワードらしいです。
覚えたものをそのままにせず、外に出す。参考になればうれしいです。
コメントを書く

コメント

カレンダー

<< 2012 年 06 月 >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

この日記を購読

rss