Only by Inspiration

菊芋:Jerusalem Artichoke 2017/03/20 21:02

はてなブックマークに追加

日常


菊芋、Jerusalem Artichoke の原産地はカナダらしい。

菊芋は嘘つきだ。エルサレムとは全く無関係だし、アーティチョークでさえない。菊科の植物で鱗茎であるものの芋かどうかさえ怪しい。

デンプン質もほとんど含まず、イヌリンと呼ばれる食物繊維を大量に含む。このイヌリンが血糖値を下げる効果があるという。

この菊芋をホームセンターで見つけてびっくりした。食料品店でも産直の店でも見たことがなかったからだ。

一パックにショウガほどの鱗茎が六つ入って240円。袋には血糖値を下げる効果があるため、糖尿病の薬を摂っている人は気をつけろと、良いのか悪いのかよくわからない効能書きがついていた。

里芋よりも小さいし、どうみてもうまそうに見えないが、そんなに良いものなら僕も試してみようと1パックだけ買って帰って、勇気がなくって三日ほど冷蔵庫に入れっぱなしにしておいた。

それほど長持ちしないとどこかに書いてあったので、今朝調理して食べてみた。きんぴらにするのがお勧めというが、芋のきんぴらというのもピンとこないので、塩こしょうをふってバターで炒めてみた。

焦げ具合も硬さも、ちょうどハッシュブラウンのようになり、
否が応でも期待が高まる。

香りがよくほどよい甘みがあり、食感は里芋とジャガイモの間ぐらいだ。新種のジャガイモだと言われて出されたら信じてしまいそうな程度。チーズとも合いそうだし、ポテトグラタンにしても良さそうだ。

これはいいと思って、もう一度ホームセンターに買いに行ったが、売り切れていていつ入ってくるかもわからないと言われた。みんな二パックも三パックも買っていくらしい。

イヌリンの必要量を摂るためには、菊芋を一日百グラムも食べれば良さそうだ。あまりたくさん食べるとお腹が緩くなるらしい。

ゴボウも菊芋についでイヌリンが多い植物らしいのだが、含有量は半分程度。必要量を摂るためには一日200グラムのゴボウが必要になる。きんぴらゴボウ一椀に、ゴボウのポタージュ一杯といったところか。

生の菊芋は、今頃の季節にしか見つからないということなので、あとは乾燥チップかゴボウで代用することになる。

これだけお題目が立派な菊芋だが、ほとんど炭水化物を摂っていない僕にどれほどの効果があるかはまだわからない。

ブラボー(8

コメント (2)

Felicia...
Felicia...
2017/03/21 17:33
以前、線維筋痛症に効果のある、自然の痛み止めとして、菊芋の記事を読んだことがあります。でも、これを探すのが一苦労で、結局見つからずじまい。
また、売りだすといいですね。
光のフクロウ
光のフクロウ
2017/03/21 22:28
しかたがないので、ゴボウを一本きんぴらにして食べてみました。140グラムでしたがそれほど苦労はしませんでした。

菊芋は栽培もそう難しくないらしいですが、一度栽培すると土を栄養を吸い尽くしてしまうようです。
コメントを書く