gujoの日記

蛍の寿命は? 2009/06/17 21:09

はてなブックマークに追加

実は、蛍を飼っています。先週行った蛍狩りで、子どもが捕まえた蛍を5匹ばかり。いつもなら捕って帰ることはないのですが、今回は友達家族といった勢いでか、子どもたちが持ち帰りたがり…。

ほどよい大きさの透明のケースに草をいっぱい入れたところに蛍を入れ、乾燥予防にティッシュの濡らしたものも入れて、朝晩水をふりかけるという世話をしています。

実はとっても元気です。昨夜も夜の9時ごろからとっても美しく輝くので,部屋の電気を消して,娘としばらく眺めていました。

蛍の寿命は1週間と聞いたことがあるので、元いた場所に行って放してあげようと思ったのですが、一昨日も昨日もたまたま局地的な大雨と雷。

今夜もわが家にいます。今夜で1週間になってしまう…蛍の命は、どのくらいなのでしょうか?

今までに一晩ぐらい家に置いて、翌日放すようなことはあったのですが、こんなに長く世話するのは初めてです。

野生の命を家に持ち込むのはタブーだと思いつつ、つい子どもの好奇心に負けています。

命あるうちに明日は帰してあげようと思います。


ブラボー

コメント (2)

Tinboat
Tinboat
2009/06/20 17:37

蛍の寿命をネットで調べてみたら、成虫になってからやはり5日~7日と書いてありました。もう寿命は尽きてしまったでしょうか?

それにしても日本人は昔から昆虫が好きですね。絵のモチーフにもよく出てきますし、子供たちはカブトムシやクワガタが大好きです。アメリカの子供たちはそれほど昆虫に興味を持っていませんし、小学校の課題や話題にもなりません。この辺にカブトムシやセミなどがあまりいないからでしょうね。セミの声などぜんぜん聞きません。
gujo
gujo
2009/06/20 19:58
ありがとうございます、Tinboatさん。やっぱり5日~7日ですか…蛍は、今回の日記を書き込んだ晩に夫が捕まえた田んぼまで放しに行ってくれました。みんな元気に上へ上へと飛んで行ったそうです。実は、日記を書き込んだ晩に、交尾をしているらしい2匹がいました。自然の命のサイクルを止めてはいけないと思いました。
でも今回、蛍の生命力は思いのほか強いのじゃないかと思いました。この数十年で蛍が日本各地からどんどん消えていってしまいましたが、地域住民の努力で今少しずつその姿がとりもどされつつあります。
私は今回のことで、蛍自体が弱々しい生き物だと言うより、蛍の生きられる環境がどんどん失われた結果、生きられなくなってしまったのだなと、ものすごく実感してしまいました。知識として知っていたこと…本当にそうそうなのだとわかりました。
日本はこれから梅雨。そしてその後はセミがジージー、ミンミン、ツクツクやかましい夏です^^
コメントを書く