Q&A

質問、回答する方はシティズン登録が必要です。

axl yuta の質問 2017/08/11 20:29

axl yuta
axl yuta
困った度
カテゴリ:[英語]

分詞構文?

はてなブックマークに追加
下記の英文がどの様に繋がっているかがわかりません。
ダッシュ以下は、分詞構文でしょうか。その際、主語は何で、又、requiringも同様に分詞構文でしょうか。
また、最後の文のthey are の主語は何を指しているのでしょうか。
御教授の程宜しくお願い致します。
ちなみにこの英文の前は下記の文があります。

「外国の文化の中で生きることは個性と習慣を大きく変えるものなので、自らを完全に変え自分よりも大きなものへと従うという反応と、徹底して抗うという極端な反応になる場合がある。
しかし、必然的に正しい反応の仕方はそれらの中間にある。」

Inevitably, the answer lies somewhere in between--creating a host of little dilemmas to be resolved as they occur, requiring complex calculations and careful weighing of the pros and cons. Sometimes they are important decisions.

この質問に対する回答

赤磐雄町
赤磐雄町

仰る通り分詞構文だと考えます。
creatingとrequiringは現在分詞でそれらの主語はthe answer、他方、weighingは動名詞だと考えます。

最後の文の”they are”のthey は、前出の”the answer”を複数形にして受けたものだと考えます。

小さな板挟みの問題をたくさん生み出し、それぞれに対して答えを出してし行かねばならないし、込み入った計算が必要で、メリットとデメリットを慎重に較量しなければならないが、正しい対処の仕方は必然的にそれらの中間にある。
回答作成日時:2017/08/11 21:34
NewYork32
NewYork32

悪文

これはまさにお尋ねの点が分かりにくく、悪文だと思いますが、一応解釈はできます。(とりあえずの回答なので、間違っている点があるかもしれません。)

まず、creating 以下は分詞構文でいいと思います。そうすると、教科書的には creating の意味上の主語は the answer ですが、the answer lies somewhere in between という節全体の内容が creating の意味上の主語と考えることもできます。(主節の内容を意味上の主語とする分詞構文もときどき見かけます。)

また、requiring 以下は分詞構文とも解釈できますが、dilemmas にかかる修飾語句と考えた方が分かりやすいと思います。そして requiring の目的語は complex calculations と careful weighing of pros and cons と考えられます。

もし、requiring 以下を分詞構文と考えると、スタイル上、その主節を the answer lies … と考えることは困難です。なぜなら、もしそうだとすると、the answer lies …の節に creating … と requiring … という二つの分詞構文が従属していることになります。その場合はこれらを and でつなぐのが原則ですが、その and がありません。

したがって、もし requiring 以下が分詞構文だとすると、これは creating … という分詞構文に従属すると考えざるを得ませんが、分詞構文にさらに分詞構文が従属するのは、可能ではあっても分かりやすい書き方ではないですね。(しかし執筆者の気持ちはそうかもしれません。)

また、最後の文の they は complex calculations and careful weighing of … を指すのではないかと思いますが、これも分かりくいです。

いずれにしても、悪文であることには間違いないと思います。

*****

追記です。上では and がないことを理由に、requiring ... は the answer lies ... を主節とする分詞構文とは考えにくいと書きましたが、意味の上では the answer requires ... というのは十分可能なので、そのような解釈(requiring ... は the answer lies に従属する分詞構文という解釈)も可能ではあると思います。

ただしその場合は、本来あるべき and が使われていないという点で、やはりよくない書き方であることになると思います。
回答作成日時:2017/08/11 21:42   最終更新日時:2017/08/11 22:29
 243
243

Inevitably, the answer lies somewhere in between
とあるので、−−以下のフレーズは
(between)
creating a host of little dilemmas to be resolved as they occur AND requiring complex calculations and careful weighing of the pros and cons.

要するのなんとなんの間なのか具体的な補足をしているんだと私は思いました。なので個人的にはcreating とrequiringは動名詞かもしれないと思うのです。なんでANDを落としたのかなと、、、−−以下に具体的な補足などをするのはまああることだと思います。

後半のTheyは、困ったもんですね。。。あまりいい書き方じゃないかもしれませんが指摘にあるようにthe answer(s)なんでしょうね。


という私見です
回答作成日時:2017/08/12 04:57
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

>>the answer lies somewhere in between--★creating★ a host of little dilemmas to be resolved as they occur, ◆requiring◆ (...)

この文において、もしも creating と requiring とのあいだに and がないことに違和感を感じる方が多いのでしょうか?もしもそうであれば、一般的に

AAA and BBB
(AAA, BBB は名詞でもいいし、noun phrase でもいいし、形容詞でも何でもよいようです)

と書きたいところを、その代わりに
AAA, BBB
と書く例もたくさんあると思いますが、いかがでしょうか?これについては、小西友七「現代英語語法事典」の p.74 には、少なくとも形容詞の場合にそのような現象が見られることについて詳しく書いています。その事典には、次のような例を挙げています。

Czechs were ★marginal, remote, troublesome, pecular★ Europeans with unpronounceable names.

上記の他にも、この事典では20行くらい解説や例文を加えています。さらに、このような and の省略のことを「連辞省略」(asyndeton) というそうですが、
A Comprehensive Grammar of the English Language, Quirk et al., 1985, p.918
にもそれについての解説があります。

僕は3年くらい前にこの問題について数時間ほど調べまわったことがありました。必要とあればさらに時間をかけて書きますが、興味のある方は、上記の2冊の本をご覧になるとよいと思います。
回答作成日時:2017/08/12 07:24
NewYork32
NewYork32

OED さん

個人的には、例に挙げて頂いた形容詞の場合を別とすれば、並列されている語句は and (or, but) で結ぶのが原則あるいは「定跡」であると理解しています。

asyndeton という単語は知りませんでしたが、連辞「省略」と訳されていることからも、やはり and を使う方が一応原則に忠実であると理解されているのではないかと思います。

ただし、何らかの理由でそのような原則を外れる書き方も容認されるのでしょうね。axl yuta さんがお尋ねの文の場合は、creating と requiring が and なしに並列されていると考えると意味は良く通りますが、requiring を dilemmas の修飾語句と捉えても十分意味を成し、一応そちらのほうが原則に従った解釈になるので、上ではそのように回答しました。しかし、正確な解釈は筆者に尋ねないと分からないと言ったところでしょうか。

回答作成日時:2017/08/12 09:38
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

New York さん、

僕自身も、基本的には New York さんと同じ考えです。さらに、今回の英文はさほどきちんとした書き方だとも思いません。確かに悪文と言えるのだろうと思います。もっとわかりやすく書くのはいくらでも可能だろうと思います。

ところで、(これは質問者さんへの回答ですが、)最後の
>>Sometimes ★they★ are important decisions.
における they が、もしも質問者の抱えている前の文章の中にそれに相当するものがないとしたら、ここでは具体的な前述の複数名詞を指してはおらず、しいて言えばその前の the answer という複数名詞を指していて、それを複数形にして These answers というような意味で They と言っているような気がします。あるいは、筆者の頭の中に These decisions that you have to make are important. とでも言いたくて、その These decisions を They と言っているのかもしれないと感じています。

They などの指示代名詞を直接的に指すような複数名詞が前に出てこないのに、いきなり They が出てくるなんて変だと思われるでしょうけど、そんな状況もあるのではないかと思います。というのも、有名なノーベル賞作家である Harold Pinter の戯曲の中でそれに似た一節を見たことがあるからです。その該当箇所を、ここに引用します。

DAVIES picks up the statue of Buddha.

DAVIES: What's this?
ASTON (taking and studying it). That's a Buddha.
DAVIES. Get on.
ASTON. Yes. I quite like it. Picked it up in a ... in a shop. Looked quite nice to me. Don't know why. What do you think of ★these★ Buddhas?
DAVIES. Oh, ●they're ... they're all right, en't they?●
ASTON. Yes, I was pleased when I got hold of this one. It's very well made.

— Harold Pinter, "The Caretaker," Act 1
Harold Pinter: Plays (2), Faber and Faber, pp.15–16

上記の場面では、小さな仏像が気に入って骨とう品屋で Aston は買って部屋に置いているのですが、それはあくまで一つだけなのです。映画版でも、やはり一つしか見せていません。それなのに、それを取り上げて Aston は these と言っています。つまり、頭の中に複数形の仏像をイメージしているので、ここでは these となっているような気がします。それに対して Davies の方も、目の前には一つしか仏像がないのに、they を3回も使っています。

だから、口に出して誰も複数形の Buddhas のことを言っていなくて、あくまで単数形の仏像という単語しか口にしていないときでも、目の前のたった一つの仏像を指さしてやはり these Buddhas というふうにいきなり複数形を使うこともあるらしいということがわかります。ちなみにこの戯曲を書いた人もイギリス人ですが、そこで描かれているこの二人の登場人物もロンドン育ちのように見えます。
回答作成日時:2017/08/12 15:20   最終更新日時:2017/08/12 15:39
 243
243

OED Loves Me Notさんが会話の例を提示されていますけど、質問で提示された英文を見たときなんとなく喋っているものを文字に起こしたんじゃなかろうかと感じていました。

Theyにしても、−−のあとにしても少し中途半端感があります。話しているという状況ではこれくらいのことはありそうかなと。
回答作成日時:2017/08/12 15:40
Didgevillage
Didgevillage

creating

requiring
の主語は同じではありません。

それぞれ
the answer
they (a host of little dilemmas)


従って and があるべきとか、悪文とかいう議論であれば、これは無意味です。

(「悪文」「AND」という文字がちらっと見えましたが、他の方の回答はよく読んでませんので、あしからず。)


最後の文の they =
complex calculations and careful weighing of the pros and cons
回答作成日時:2017/08/12 18:44   最終更新日時:2017/08/12 18:46
NewYork32
NewYork32

お尋ねの最後の文の they が指すものについては、私にはやはり calculations and … weighing を指すと考えるほうがいいように思えます。

まず、もちろんですが they は複数の代名詞なので、既出の名詞を受ける場合は複数名詞を受けます。(someoneなどを受ける、いわゆる singular they は例外です。)したがって文法的には the answer を受けることはできず、また answers という複数形が既出でない以上、the answers の代わりに突然 they を使うことは原則としてできません。

したがって、仮に筆者が the answers の意味で they を使っているとしたら、それは厳密には文法違反ということになります。(もちろん、OEDさんがあげて下さった例のように、インフォーマルな会話ではそれに近い例が許容される可能性はあります。)

また、意味上それ以外に解釈のしようがない場合には、筆者に文法違反を帰してでも they = the answer(s) という解釈をすることはやむを得ないかも知れませんが、they = (the) calculations and … weighing という解釈が、they = the answer(s) という解釈に比べて特に無理があるようにも思えません。

ここで complex calculations and careful weighing of the pros and cons と言われているのは、「複数の行動の選択肢を検討し、それらの優劣を判断する」ということでしょうから、これについてthey are important decisions と述べるのは特に奇妙な点はありません。少なくとも、the answers について、they are important decisions と述べることと比べて重大な意味上の問題があるようには思えません。

このように、they = (the) calculations and … weighing という解釈に重大な意味解釈上の問題がないのですから、筆者に文法違反を帰してまで、they = the answer(s) という解釈をしなければならない理由はないように思いますが、いかがでしょうか。

なお、私が調べたところ、お尋ねの文の出典は Colin Joyce, "HOW TO JAPAN", p. 140 またはp. 141 のようです。この本は翻訳(「『ニッポン社会』入門 英国人記者の抱腹レポート」)があるようなので、問題の箇所がどう訳されているか調べて見ると面白いと思います。
回答作成日時:2017/08/12 18:51
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

they が the answer を複数にしたものと考えているということを言ってしまったので、僕がまるでそこに重点を置いているかのように感じてしまわれても無理はありませんね。実は僕の本当の力点は、そのあとに言った次の言葉にあったのです。

>>あるいは、筆者の頭の中に These decisions that you have to make are important. とでも言いたくて、その These decisions を They と言っているのかもしれないと感じています。

ですから、(僕の最初の言い方がまずかったから僕の真意とは別のところに議論が移ってしまったのは僕のせいですけど、)すみませんがそれは副次的なマイナーな問題として横に置き、僕の本当の力点は上記の点にあるとお考えいただきたいと思います。

上記のような
These decisions that you have to make are important.
という意味で They are important decisions. と筆者が言っているのだと僕は考えているのです。そしてそのような言い回しもこの場合にありえるらしいということを示すために、Harold Pinter の戯曲の一節を挙げたのです。
回答作成日時:2017/08/12 20:01
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

ところで僕は、
*(1) Complex calculations and careful weighing of the pros and cons are important decisions.
というような文は奇妙に感じるのです。

"... are important decisions." の前に来るべきものは、たとえば次のようなフレーズだと思うのです。(ただしネイティブの校閲は受けておりません。僕が考えた英文です。)

(2) What to do under these circumstances and whether to do any such thing are important decisions.
(3) Whether and when to do this or that are important decisions.

追記
この数分間のあいだに、最初のコメントに修正を加えました。
回答作成日時:2017/08/12 20:04   最終更新日時:2017/08/12 20:08
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

#
"... is an important decision." というフレーズの前に来るフレーズにはどういうものがあるかを検索してみます。ただし、どれくらいに信頼の置けるサイトのものであるかの絶対的な判断は、僕にはできません。

(1) ★Whether or not to circumcise a son is an important decision★ and should be a thoughtful one made after you have learned about and considered all the issues. (cicumcision decision についてのサイト)

(2) but ★choosing whether to rent or buy is an important decision★ that needs to be ... (realtor についてのサイト)

(3) ★Deciding whether to go to the authorities is an important decision★ for a company, (BNA German のサイト)

(4) ★What you do with your pension is an important decision★, which could be irreversible. (UK の pensions についてのサイト)

(5) Why ★When to Start Social Security is Such an Important Decision★. Most people think that saving enough for retirement is the most important ... (Retirement News というニュースサイト)

(6) How to pay for your education is an important decision. (AI University のサイト)

(7) Choosing how to feed your baby is an important decision. (New Zealand government のサイト)
回答作成日時:2017/08/12 20:29
NewYork32
NewYork32

OED さん 確かに calculations and weighing of the pros and cons について、they are important decisions と述べるのは不自然なところがありますね。そのせいで they が受ける名詞が何か分かりにくくなっていると思います。

この場合、calculations and weighing of the pros and cons は、例えば「A, B, C という三つの行動の良し悪しを比較検討すると、C が最善である。だから C を実行しよう」というような、行動についての決断(C を実行しよう)までを含めた意味で使われているのだと思います。

でも、厳密に言えば、calculations and weighing of the pros and cons は、どの行動が最善であるかについての判断 judgment (C が最善である) であって、それに基づいた決断 decision (C を実行しよう)までは含まないはずですね。したがって厳密には、最後の文は例えば

Important decisions we make depend on them (= calculations and weighing).

とでも書く方が正確であると私も思います。

ただし、こういう細かいことを言うと、筆者は気分を害するかもしれません。筆者は日本滞在経験もある知日家のようなので、このサイトを見ていないことを祈ります (^^)
回答作成日時:2017/08/12 21:04   最終更新日時:2017/08/12 22:18
Didgevillage
Didgevillage

私と同じ考え方をしている人がいました。英語のネイティブと思われます
https://answers.yahoo.com/question/index?qid=20170812120620AASY1aa

著者が気分を悪くする理由はありません。
「英語を良く知らない日本人がアホなことを言い合っているな」くらいに思うかも知れませんが。
回答作成日時:2017/08/13 05:50
NewYork32
NewYork32

上の私の回答の終わりの方の部分、正確性を期すため、若干修正します。(^^)

*****

でも厳密に言えば、calculations and weighing of the pros and cons は、どの行動が最善であるかについての比較検討のプロセスであり、それは一定の判断 judgment (C が最善である) には至るものの、それに基づいた決断 decision (C を実行しよう)までは含まないはずですね。したがって厳密には、最後の文は例えば

Important decisions we make depend on them.

OR

They serve as bases for important decisions we make.

(they = calculations and weighing)

のように書くほうが正確だと思います。
回答作成日時:2017/08/13 08:09

回答する


新しい質問を投稿