Q&A

質問、回答する方はシティズン登録が必要です。

Hiloichi の質問 2017/02/09 16:48

Hiloichi
Hiloichi
困った度
カテゴリ:[英語]

オバマ前大統領の英文

はてなブックマークに追加
オバマさんが若いころ薬物使用していたことを書いている次の[ ]で囲った部分が私には英文が難しくてわかりません。意味を解説してもらえると助かります。

Junkie. Pothead. That’s where I’d been headed: the final, fatal role of the young would-be black man. [Except the highs hadn’t been about that, me trying to prove what a down brother I was. Not by then, anyway.] I got high for just the opposite effect, something that could push questions of who I was out of my mind, something that could flatten out the landscape of my heart, blur the edges of my memory.

この質問に対する回答

OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

(1) 原文: Except the highs hadn’t been about that, me trying to prove what a down brother I was. Not by then, anyway.

僕ら外国人にわかりやすくするため、(1) に少し言葉を付け足したりパラフレーズしたりしてみます。

(2) 書き換え文: Except that the highs hadn’t been about that, because I was trying to prove what a down brother I was. They (= The highs) hadn't been about that by then, anyway.

(3) 僕なりの全訳: ただし、(ドラッグで得られた)ハイの気分で肝心だったのはそういうことではなかったんです。というのも、私は落ち込んだ男だということを証明しようとしていただけなんですから。そこで得られたハイの気分での肝心な点は、ともかくその時期まではそういうことじゃなかったんです。

(4) 語彙解説

(4-1) "Except (that) S V"
(「ただし、~である。ただ、~なんですけどね」というような意味。)
この場合の except は、もともとは「~以外」という意味ですが、その意味や用法が少し転じて、「ただし、~である」というような意味で使われます。Only という言葉を文頭に置いていうときもあります。

(4-2) "AAA is about BBB" は、「AAA で肝心なことは、BBB である」というような意味のイディオムです。口語で頻繁に使われます。「ジーニアス英和5」では、「前置詞の about の (1) の (b)」で詳しく解説されています。

(4-3) ここでの "a down brother" は、「落ち込んだ男」と解釈しましたが、口語やスラングでもっと違った意味になるかもしれませんが、down を「落ち込んだ」という意味として解釈しておきました。

(4-4) "hadn't been about that" の that を「そういうこと」と訳しましたが、ここではその前の "the final, fatal role of the young would-be black man" になることを指しています。

これも僕にとっては少し難しいのですが、たぶん「若い黒人志望の男としての破滅的な役割を果たす」ためにドラッグに溺れようとしたのだということを言っているのではないかと思います。ただしこの文章の直前にオバマさんがどういうことを言っていたのかを、僕は知りません。
回答作成日時:2017/02/09 20:25   最終更新日時:2017/02/09 20:32
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

僕なりに精一杯に解釈して和訳もつけてみましたが、満足はしていません。和訳も堅すぎて下手です。

他の人からのもっと的確な回答が出るのを期待したいと思います。

さらに、オバマさんのこの言葉の直前にあったはずのセリフももしどこかにあれば、読んでみたいと思います。
回答作成日時:2017/02/09 21:41
Yoshi-
Yoshi-

down = hip, cool (slang)

俗語辞書によれば、down には俗語として、
in agreement with a plan to do something
一緒に事をする
to appreciate or enjoy something
何かを味わって楽しむ
in good standing with; connected
人と良い状態である、つながった
generally agreeable; "cool"
受け入れられやすい、イカした、かっこいい
"hip" and "with it"; having been initiated into a certain lifestyle, usually street slick, and hustle smart
流行に敏感な、ある種のライフスタイル(普通は、都会の路上での不良の若者の調子の良さ、抜け目のなさ)に導かれた

という意味があります。

http://onlineslangdictionary.com/meaning-definition-of/down


「ただ、クスリでハイになるってことは、自分がどんなに流行に乗ったイケてるやつかを証明しようとすることではなかったのだった。とにかく、その時までは」
というような意味だと思います。

that と me trying to prove what a down brother I was は、同格だと読みました。

元の文章の文脈はここで読めるでしょうか。
https://books.google.co.jp/books?id=Rpk81dM767kC&pg=PA93&dq=Junkie.+Pothead.&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjWt5ywnIPSAhVEfrwKHVFYC_wQ6AEITDAG#v=onepage&q=Junkie.%20Pothead.&f=false

私見です。ご参考まで。
回答作成日時:2017/02/09 23:23   最終更新日時:2017/02/09 23:28
質問者 (Hiloichi) からのコメント 2017/02/10 14:17
Yoshi-さん

me以下が同格だとコメントいただいてピンときました。なんでIじゃなくてmeなのかなあと思ってましたので。
次がtryingだったので分詞構文のように思い込んでしまって思考が止まってました。次のopposite effectと記載していることからもdownはcoolとかの意味だとこれも気付かされました。

大変たすかり勉強になりました。ありがとうございました。

hiloichi
babygrant
babygrant

オバマ大統領

オバマ前大統領は、母親が白人で父親が黒人なのは皆さんご存知だと思います。また両親が離婚し、母親に育てられ、母親の死後は、母方の祖父母に育てられたのもご存知だと思います。要するに彼は白人の中で育てられたため、黒人の世界を知らずに育ったのです。青年に達した後、初めて黒人の世界を学ぶことになったわけです。ですからここの所は、その話の一部だと思います。彼自身のアイデンティティーを模索、自分自身を見つけようとしているのだと思います。すいません。回答になっていませんね。年寄りの独り言と思ってください。ついでにその昔、”Get down tonight"という歌がありました。”今夜は羽目を外して楽しもうぜ”とでも訳すのでしょうか。
回答作成日時:2017/02/10 01:55
質問者 (Hiloichi) からのコメント 2017/02/10 15:48
babygrantさん
コメント頂きありがとうございます。
母親は成人後になくなられたようなので、その後を祖父母に育てられたのかはよくわかりません。(もともと大家族で祖父母と母とハワイで同居だったいうのはあるようでしたが)
途中まで読んだ範囲では、純粋黒人ではないことにある種の劣等感(本当の黒人の苦しみがわからない)もあり、純粋黒人と隔絶していると感じているようでした。ご指摘いただいた通りアイデンティティの模索は私の理解を超えるものがありました。

hiloichi
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

海外フォーラムでの質問

僕がよく投稿する先の海外フォーラムにて、この件に関して質問してみました。遅くとも24時間以内に回答が出そろうと思います。

https://forum.wordreference.com/threads/the-highs-hadnt-been-about-that-me-trying-to-prove.3286105/
回答作成日時:2017/02/10 08:02
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

(1) 原文: Except the highs hadn’t been about ★that★, me trying to prove what a down brother I was.

ここでの that は、そのあとの "me trying to..." を指すことはないと思います。

その根拠:

(1) that は基本的にはその前のものしか指さない。
(2) 仮にそのあとのものを指したいのであれば、こんな言い方をしないで、次のように言ったはずです。

(2-a) Except the highs hadn’t been about trying to prove what a down brother I was.
(2-b) Except the highs hadn’t been about this: trying to prove what a down brother I was.

しかし (2-b) はくどいので、いくら話し言葉でもそんなことは言わないで、(2-a) と言ったはずです。教養人の Obama さんなら余計にそうだと思います。

まだ海外フォーラムでの回答は出ていませんが、そのうちに出るでしょう。

回答作成日時:2017/02/10 08:08   最終更新日時:2017/02/10 08:12
OED Loves Me Not
OED Loves Me Not

海外フォーラムにて、一人の人が2度にわたって回答してくれました。この that については、前のものも後ろのものも両方とも指しているということです。

よく考えたら、

(1) that の前にある言葉
That’s where I’d been headed: the final, fatal role of the young would-be black man.

(2) that の後ろにある言葉
me trying to prove what a down brother I was

この二つは、本質的には同じようなことを言っていますね。だから、(1) を (2) によって言い換えただけのことですね。
回答作成日時:2017/02/10 09:58
質問者 (Hiloichi) からのコメント 2017/02/10 14:34
The Elephant Man さん

海外フォーラムまでご確認いただき、恐れ入ります。
また丁寧に解説いただきありがとうございます。
私も(1)を(2)と言い換えたというのに同意見です。

Trochfa氏はネイティブなのか分かりません(追記:UKって記載ありましたね)が、(日本人が日本語を理解するように)完全に自分の言語として理解しきっている感じをうけました。他のサイトでもこの抜粋箇所は掲載されてますので、ネイティブはこの抜粋だけで十分理解できてしまうところに、ノンネイティブの限界を改めて感じました。(別に卑下しているわけではありませんが)

でも皆さんのサポートにより、この文の意味を克服できたことに感謝いたします。改めてありがとうございました。

hiloichi
seamount
seamount

独立用法の代名詞thatは前出の物しか指しません。
(安藤現代英文法講義499-450P)
後出を指す皮肉のthatの用例”I like that."は間違いだそうです。
従って、あくまでthat=(the final, fatal role of the young would-be black man. になること)であり、me trying to prove what a down brother I wasはそれを言い換えたものに過ぎません。
__________________________________________________
downについては、リーダーズ英和辞典 形容詞 downに

11. <俗>すばらしい、最高[抜群]の、かっこいい、しぶい、
ばっちりきまってる。

とありますので、down=かっこいい=coolでいいと思います。

回答作成日時:2017/02/10 11:27
質問者 (Hiloichi) からのコメント 2017/02/10 15:53
seamountさん

thatはその理解でよいのだと思います。
(me以下は言い換えなので、それをthatの言い換え、⇒thatを指しているともとれ、違いが微妙になるのでしょうが、厳密にはご指摘の通りなのだと思います)

downも同感です。

ありがとうございました。

hiloichi
Yoshi-
Yoshi-

https://www.usingenglish.com/forum/threads/246756-that-and-down?p=1299191#post1299191

that が何を指しているか、down がどういう意味で使われているか、別のところでも解釈のQA(Qは同じ人?Aはネイティブ?)がなされているので、参考にされてはいかがでしょうか。

文法的には破調のようなので、まあ、こういうやや文学的な、詩文的な文章は、文脈の中でどう読むか、キーワードの意味を踏まえて、大意を捉えられればよし、と考えればいいと、いい加減な自分は思います。

ドラッグ中毒者。自分はその方向に向かっていた。それは、(今まで黒人の血が流れていることを強く意識していなかったが、それを意識せざるを得なくなり)黒人になろうとしている若者の、最終的な、死に至る、役回りだ。ただ、ドラッグの高揚感は、自分がどんなイケてる黒人の若者であるかを証明しようとしていたものではなかった。とにかくその時までは。ドラッグの高揚感は、ちょうど真逆の効果をもたらしていた。その効果というのは、自分が一体全体誰なのかという疑問を投げかけ、自分の心象風景をペシャンコにし、記憶の詳細をボヤけさせる、そんなものだった。

みたいな。でも、日本語にしてみても、私にはよく理解できないな…

「イケてる若者」はポジティブな感覚、その逆の効果(自分は何者かという疑問や、今まで感じていた心象風景が平らになり、鮮明だった記憶がボヤけたものになる)の部分は、ネガティブな感覚。そうすると、黒人になろうとしている若者の、最終的な死に至る役割、ヤク中を、ポジティブな感覚の中に入れればいいということか? 混乱を深めたらすみません。

私見です、ご参考まで。
回答作成日時:2017/02/10 12:11   最終更新日時:2017/02/10 13:05
Felicia...
Felicia...

最終訳だけですが、すみません

マリファナ常用者。私が向かっていたものは、致死的な役を演じる若い黒人。しかし、マリファナでハイになることはそういうことではなかったし、クールな黒人であることを証明することでもなかった。ともかくその時まではだ。私にとってハイになることは全く逆の効果、 自分が誰であるかという問いかけを頭の中から押し出し、 心を空っぽにし、記憶を曖昧にすることができるものだったのだ。


色々な過程はありましたが、上ですでに皆さん調べてくださったので、最終的な訳のみです。

「ハイ」は、「我を忘れる」または「マリファナに酔いしれる」と交換しても良いと思います。
回答作成日時:2017/02/10 13:40   最終更新日時:2017/02/11 00:04
質問者 (Hiloichi) からのコメント 2017/02/10 15:28
Feliciaかな?さん

実は翻訳(「マイ・ドリーム」)も持っており、英文だけで行き詰まったときに利用しているのですが、翻訳みても意訳しすぎててよくわからなかったので質問しました。Feliciaかな?さんの翻訳のほうがスマートです。英文が分かった上での翻訳になっていると思います。実際英文は簡素に書かれているのであえて[ ]内を私なりに意訳すると

[しかしハイになることはそういうこと、(すなわち)格好いい黒人であることを証明しようとしている自分、ではなかった。そのときは。とにかく。]

ですかね。(逆に日本語勉強しているひとが私の上の訳をみたら、「なんだこの日本文は??」ってなるんでしょうかね?)

最終訳だけでも十分です。ありがとうございました。

hiloichi

chipmunk
chipmunk

試訳しました

Yoshi-さんが、原著を一部ですが読めるサイトを紹介してくださったので、第5章の3ページ分だけ読みました。(興味深い本ですので、いずれ全編を読んでみたいと思います)

このご質問のなかの、down という語の捉え方については、この文の含まれる段落の最後に、また down という語が出てきていますので、おそらく同じような意味合いで使われていると思いました。つまり、ここでは、down and out のような「KOされた、打ちのめされた」という意味合いではなかろうかと思った次第です。間違っているかも知れませんが。。。

そのような解釈で、この部分を試訳します。

Junkie. Pothead. That’s where I’d been headed: the final, fatal role of the young would-be black man. [Except the highs hadn’t been about that, me trying to prove what a down brother I was. Not by then, anyway.] I got high for just the opposite effect, something that could push questions of who I was out of my mind, something that could flatten out the landscape of my heart, blur the edges of my memory.

ヤク中。マリファナ常用者。そういうものに私は向かっていたのです。黒人男性になるはずの若者が否応なしに引き受ける、最終的で命取りの役回りです。 【ただし、ドラッグでハイになるのは、私の場合はそういうことではありませんでした。つまり、私は自分が打ちのめされていることを証明しようとしていた訳ではないのです。とりあえず、当時はそんな気持ちはありませんでした】  私がハイになっていたのは、それとはちょうど真逆の効果を求めてのことでした。自分が何者であるのかという問いを頭から締め出してほしかった、自分の心の原風景にあるデコボコを平らにならしてほしかった、記憶の端々を削って丸くぼやけさせてほしかった、そんな効果を期待していたのです。

追記です。
本文中に、Billie Holiday の歌を当時よく聴いていたと書いてありましたので、もしかして、彼女の歌に、a down brother というフレーズが使われていないか少し探してみましたが今のところ(曲数が多くて!)見つかっていません。何か確定的なものを見つけたらどんなに楽しいでしょうねぇ。


・・・・・・


再度、追記です。
米国人の親友にメールで尋ねてみました。

このような返事でした。
貼り付けます。

In this book he means a "cool" man. Someone who's doing the things others are doing in order to be popular or part of the "in" crowd.

この親友(50代女性)はよく本も読んでいますし、普通の平均的なネイティブの読み方をする人ですので、今は相当、私はこちらの解釈になびいています。

とても勉強になりました。
ありがとうございました!


回答作成日時:2017/02/10 13:21   最終更新日時:2017/02/12 09:06
質問者 (Hiloichi) からのコメント 2017/02/10 15:04
Chipmunkさん

この本私にはタフです(ビジネス業界誌やWSJなどのほうがよっぽど楽)。でも読み込んだら相当な語彙力がつくような気もしてます。オバマさんは複雑な人種(混血)・家族構成で、この人にとって、もう人生の正解・間違いなんて全く分からないといった印象を受けましたが、まだ本の4分の1くらいのところですので、全部読破した上で、自分なりの解釈をしてみたいです。(もっともトランプ氏に共感していないのと同じ程度にオバマさんにも共感しているわけではないのですが。でもそれなりに本に引き込まれてます)

他の方も含めて皆さん英語の構文読解力が優れていますね。
お陰でやっと追いつきました。
私はやはりdownはここではcoolだと思いました。
全訳いただきありがとうございました。
Chipmunkさん他皆さんの力に支えられ理解できるようになりました。

hiloichi

追記
米国の方に確認できてよかったですね。
結果を教えていただきありがとうございました。
回答の受付は終了しました。

新しい質問を投稿