思いきりアメリカン〜移民グルメの巻〜 2017/08/10 00:11

はてなブックマークに追加

Azla Azla の投稿

 

日記と二重投稿です)

 

ベトナム系と思しき人たちが切り盛りしている、大きなラーメン屋という感じの店に来ている。この国に着いた日、ソマリア男のタクシーでホテルに近づきながら、目を付けていたのだ。

フォー・ ガー、鶏肉のベトナム風米の麺。もやしとか輪切りのピーマンみたいなのとかが別皿で出て来るところ、なかなかオーセンティック。…いや。パクチーがない。 パクチーのないフォーなんて。よし、聞いてみよう。パクチーはたしかタイの言葉、英語ではコリアンダー?シャンツァイは中国語?ベトナム語で何て言うんだったっけ。

店のおじさん、通じたのか通じないのか分からない。突然、"Do you like basil?" なんすか?ベイジルって、ピッツア・マルゲリータに載っている、バジルのこと?この際、なんでもいいから持って来てもらう。と、登場したのは、広葉樹の 葉っぱかと見まごう肉厚の立派なバジルだった。 茎はもはや枝と呼べるくらいしっかりと堅い。

よく噛んで食べた。かなり強烈だが、たしかに バジルの風味。これならパクチーの代わりも務まる。ひょっとして堅い枝の部分はスープに風味を付けるだけでよかったのかも知れないが、食べた。口直しに、 最初からあった輪切りのピーマンを食べた。あ、、、ピーマンじゃない、青とうがらし、か、ら、い、、、

移民一世がビジネスで成功するのは簡単ではないんだろう。でも食べ物屋ならこうして頑張っている人たちも多い。 どうしてパクチーの代わりにバジルなのかは聞かなかった。いいさ、たぶんそれがこの店の流儀。

木曜にはアムトラックに乗ってこの町を出る。その前に、3軒先の和食の店に行ってみよう。ホームページに、赤いソースのかかった天ぷらの写真があったのは チェック済みだ。天つゆでも塩でもない、大根おろしもない、アメリカン・ジャパニーズ。ここは移民の国だから、バジルのフォーもチリソースの天ぷらも、アメリカ料理で間違いない。

窓の外に、日系人が"Fuji"と呼ぶ山が見えた。

頂に雪が残っていた。


ブラボー(5

コメント (4)

YOSHI-san
YOSHI-san
2017/08/10 09:32
思いきりイタリアン、思いっきり地元ー、なんてのが続いたりして。^^
Azla
Azla
2017/08/10 21:57
YOSHI-sanさん、ありがとうございます。
クラブに掟破りの?連続投稿も、これでいちおう完結です。
この三連休は、思いっきりグータラの予定。
arakaneigodaisuki
arakaneigodaisuki
2017/08/11 10:29
アメリカ料理といえば量が多かったとの印象が強すぎて、味についてはあまり記憶に残っていません。
デザートに出てきたアイスクリーム大げさに言えばどんぶりにいっぱいのアイスクリーム全部食べ切れなかったことを思い出しました。
Azla
Azla
2017/08/11 10:51
arakaneigodaisukiさん、ありがとうございます。
コーヒーのレギュラーサイズが、まさにどんぶりサイズでした!
コメントを書く