※プレゼントキャンペーンは8月31日で終了いたしました。
ビジネスシーンで大量の英文のおおよその主旨を短時間で把握しなければならない時や、英文資料を要約する際の粗訳として威力を発揮します。また、どう英語で表現すればいいのかピンとこない英文メールの場合も、日本語で書いた主旨をコピー&ペーストで翻訳すれば、ヒントがつかめるので、英語でどう表現すればいいのか悩んでいる時間も短縮できます。もちろん英語初級者のお助けツールになることは申しあげるまでもありません。

【トップへ戻る】

英語・日本語いずれでも、1回のキーワード検索により、英辞郎on the Web、ウィキペディア日本語・英語、Googleの日本語・英語の5つのデータベースに一括検索できます。検索結果も一度に表示されるので、比較しながら確認するのがカンタン。マーケティング、企画、編集、リサーチなどのビジネスにたずさわる方や、ブログやSNSなど定期的に文書作成している方にとくにオススメ。いわば比較できるネットの百科事典です。

【トップへ戻る】

コピー&ペーストした英文が英辞郎on the Webのデータベースとリンク。英文を読みながら不明な単語に出会ったらワンクリックで英辞郎on the Webに接続して意味を確認することができます。これまでわからない単語に出会ったら、一語一語単語を入力していた手間ヒマが一切不要。英文読解を強力にサポートしてくれます。また、英文読解力や語彙力をアップしたい方は、英文多読が有効です。その点「クリック英辞郎」なら、マイスタジオに配信される英文ニュースなどを素材に、毎日、英語リーディングマラソンを実行することもできます。これを例に手順を紹介しましょう。

【トップへ戻る】

※『英辞郎』は道端早知子氏の登録商標です。